生年月日データベース

グレゴール・ヨハン・メンデルGregor Johann Mendel

植物学者、司祭[オーストリア]

1822年 7月20日

1884年 1月6日 死去享年63歳

グレゴール・ヨハン・メンデル(独: Gregor Johann Mendel、1822年7月20日 - 1884年1月6日)は、オーストリア帝国・ブリュン(現在のチェコ・ブルノ)の司祭。
植物学の研究を行い、メンデルの法則と呼ばれる遺伝に関する法則を発見したことで有名。
遺伝学の祖。
当時、遺伝現象は知られていたが、遺伝形質は交雑とともに液体のように混じりあっていく(混合遺伝)と考えられていた。
メンデルの業績はこれを否定し、遺伝形質は遺伝粒子(後の遺伝子)によって受け継がれるという粒子遺伝を提唱したことである。
生涯 オーストリア帝国のオドラウ近郊のハインツェンドルフ(Heinzendorf bei Odrau, 現在のチェコ・モラヴィア、ヒンチツェ)に小自作農の子として生まれ、ヨハンと名付けられる。
母語はドイツ語であった。
オルミュッツ大学で2年間学んだ後、1843年に聖アウグスチノ修道会に入会し、モラヴィア地方ブリュンの修道院に所属、修道名グレゴール(グレゴリオ)を与えられる。

連想語句
  • 遺伝
  • 法則
  • 生涯
  • ブルノ
  • メンデル
  • オーストリア
  • ギャラリー
  • チェコ
  • 交雑
  • 司祭
  • 帝国
  • 形質
  • 承認
  • 植物学
  • 液体
  • 研究成果
  • 粒子
  • 遺伝子
  • 関連
  • これ
  • ブリュン
  • 否定
  • 当時
  • 提唱
  • 有名
  • 業績
  • 混合
  • 現在
  • 現象
  • 発見