生年月日データベース

マリー・ド・メディシスMarie de Medicis

フランス国王アンリ4世の王妃[イタリア→フランス]

(ユリウス暦) 1573年 4月26日

マリー・ド・メディシス - ウィキペディアより引用

マリー・ド・メディシス(仏: Marie de Médicis, 1575年4月26日 - 1642年7月3日)は、フランス国王アンリ4世の2番目の王妃で、ルイ13世の母である。
生涯 イタリア・フィレンツェの名門メディチ家に生まれる。
イタリア語名はマリア・デ・メディチ(Maria de' Medici)。
父はトスカーナ大公フランチェスコ1世。
ヴァロワ朝最後の3人の王の母であるカトリーヌ・ド・メディシスとは遠縁の同族である。
1600年、27歳の時に、前妻マルグリット・ド・ヴァロワと離婚したばかりのアンリ4世に見初められ、フランス王室に嫁いだ。
が、これは国の財政が逼迫していたためにアンリ4世が15万ポンドもの持参金を目当てにした政略的婚姻であった。
アンリ4世の女好きは有名で、生涯で50人もの愛人がいたともいわれる。
夫が留守がちなことに加え、結婚当初フランス語が喋れなかったマリーの王宮での暮らしは孤独感が付きまとっていたという。
それを紛らわすためか、マリーの浪費癖は尋常ではなく、毎日のように宝石を購入したりした挙句、せっかくの持参金もほとんど底をついてしまうほどであった。

関連書籍

音楽作品

連想語句
  • 生涯
  • フランス
  • メディチ
  • ヴァロワ
  • アンリ
  • イタリア
  • イタリア語
  • カトリーヌ
  • トスカーナ
  • フィレンツェ
  • フランチェスコ
  • メディシス
  • ルイ
  • 子女
  • 関連
  • '
  • マリア
  • マルグリッ
  • マルグリット
  • 前妻
  • 同族
  • 名門
  • 国王
  • 大公
  • 大公国
  • 最後
  • 王国
  • 王妃
  • 遠縁