生年月日データベース

水野忠邦みずのただくに

肥前唐津・遠州浜松藩主、老中[日本]

(寛政6年6月23日生)

1794年 7月19日

1851年 3月12日 死去享年58歳
水野忠邦 - ウィキペディアより引用

水野 忠邦(みずの ただくに)は、江戸時代後期の大名・老中。
肥前唐津藩主、のち遠州浜松藩主。
生涯 出生・唐津・浜松藩主時代 寛政6年(1794年)6月23日、唐津藩第3代藩主・水野忠光の次男として生まれる。
長兄の芳丸が早世したため、文化2年(1805年)に唐津藩の世子となり、2年後の同4年(1807年)に第11代将軍・徳川家斉と世子・家慶に御目見する。
そして従五位下・式部少輔に叙位・任官した。
文化9年(1812年)に父・忠光が隠居したため、家督を相続する。
忠邦は幕閣として昇進する事を強く望み、多額の費用を使っての猟官運動(俗にいう賄賂)の結果、文化13年(1816年)に奏者番となる。
忠邦は奏者番以上の昇格を望んだが、唐津藩が長崎警備の任務を負うことから昇格に障害が生じると知るや、家臣の諫言を押し切って翌文化14年(1817年)9月、実封25万3,000石の唐津から実封15万3,000石の浜松藩への転封を自ら願い出て実現させた。

関連書籍

DMMメディア

12代将軍徳川家慶のときの老中。肥前国唐津藩主→遠江国浜松藩主。 1841年から天保の改革を行った。 改革に際しては、遠山景元(遠山金四郎)、矢部定謙、鳥居耀蔵、 岡本正成、跡部良弼*1、江川英龍、後藤三右衛門光亨、 渋川敬直、高島秋帆と言った人材を積極的に起用した。 しかし、人返し令、株仲間の解散、上知令を断行しようとしたが周囲の反発を買い失脚。 その後老中に再任されるも、改革時の不正発覚により数か月で罷免。 家督を実子・水野忠精に相続させた後、蟄居隠居の処分を受ける。 その後水野家は出羽国山形藩へ転封されるが、忠邦の処遇は変わらず。 嘉永4年(1851年)2月10日、56歳で死去。謹慎が解かれたのは死後5日後だった。 跡を継いだ忠精はその後、父と同じ老中職に就いている。 *1:水野忠邦の実弟。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 唐津
  • 浜松
  • 藩主
  • 出生
  • 時代
  • 生涯
  • 位階
  • 作品
  • 再任
  • 天保
  • 失脚
  • 官職
  • 家臣
  • 履歴
  • 忠光
  • 改革
  • 水野
  • 登場
  • 老中
  • 関連
  • 寛政
  • 文化
  • 早世
  • 次男
  • 芳丸
  • 遠州
  • 長兄