生年月日データベース

アルベルト・シュバイツァーAlbert Schweitzer

哲学者、神学者、音楽家[ドイツ]

1875年 1月14日

1965年 9月4日 死去享年90歳
アルベルト・シュバイツァーの名言
我は生きようとする生命に取り巻かれた生きようとする生命だ。
アルベルト・シュバイツァー - ウィキペディアより引用

アルベルト・シュヴァイツァー(Albert Schweitzer, 1875年1月14日 - 1965年9月4日)は、ドイツ出身のアルザス人で、ドイツ系の神学者・哲学者・医者・オルガニスト・音楽学者。
名のAlbertは、フランス語では「アルベール」となる。
姓のSchweitzerは、「シュヴァイツェル」「シュバイツァー」とも表記される。
ジャン=ポール・サルトルは伯父シャルル(1844年 - 1935年)の孫(いとこにあたるアン・マリ-の息子)にあたる。
ルノーの前代表取締役のルイ・シュヴァイツァー(Louis Schweitzer)はいとこの孫に当たる。
また、弟パウル・シュヴァイツァーは指揮者シャルル・ミュンシュの姉エマと結婚した。
20世紀のヒューマニストとして知られている人物である。
30歳の時、医療と伝道に生きることを志し、アフリカの赤道直下の国ガボンのランバレネにおいて、当地の住民への医療などに生涯を捧げたとされている。

Albert Schweitzer 1875年1月14日生まれ。1965年9月4日、死去。 思想家・医師・音楽家 1952年、ノーベル平和賞受賞 (引用元 Hatena Keyword)