生年月日データベース

望月重良

男子サッカー選手[日本]

1973年 7月9日 生 (満45歳)

望月 重良(もちづき しげよし、1973年7月9日 - )は、静岡県出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者、実業家。
現役時代のポジションはミッドフィールダー。
元サッカー日本代表。
現在は、JリーグのSC相模原の代表を務めている。
筑波大学在学中に1995年夏季ユニバーシアード・サッカー競技の日本代表に選出され、優勝に貢献。
大学卒業後の1996年より名古屋グランパスエイトに入団。
1997年に日本代表に初めて選出され、AFCアジアカップ2000の決勝戦でゴールを決め優勝に貢献した(このゴールは代表唯一のゴール)。
2000年7月、大岩剛、平野孝とともに「チームの秩序を乱した」という理由で名古屋を解雇される。
その後は5つのクラブを渡り歩き、2007年1月末に現役引退を発表した。
なお、2004年に国の特定疾患(難病)に指定されている特発性大腿骨頭壊死症と医師に診断され、引退するまで3年間リハビリを続けながらプレーしていたことを後に告白している。

関連書籍

元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィルダー。 1973年7月9日生まれ。静岡県清水市(現:静岡市清水区)出身。身長176cm、体重73kg。 1995年、ユニバーシアード日本代表として福岡ユニバーシアード優勝。 1997年、サッカー日本代表に初選出。 2000年シーズン途中、ジョアン・カルロス監督と衝突して大岩剛、平野孝とともに突然の解雇をされてしまう。 2000年のAFCアジアカップ優勝時は決勝戦でゴールを決め、日本代表の優勝に貢献した。 2006年シーズン途中で退団し、現役引退。 2008年2月、将来のJリーグ参入を目指して創設されたS.C.相模原の代表に就任。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • サッカー
  • 代表
  • 日本
  • クラブ
  • ポジション
  • ミッドフィールダー
  • リーグ
  • 個人
  • 出場
  • 大会
  • 成績
  • 所属
  • 指導
  • 相模原
  • 筑波大学
  • 著書
  • 試合
  • 関連
  • プロ
  • 実業家
  • 指導者
  • 時代
  • 現在
  • 現役
  • 蹴球
  • 選手