生年月日データベース

鈴木喜代春

教育評論家児童文学作家[日本]

1925年 7月9日 生 (満93歳)

■ 関連書籍

すずき-きよはる 1925-昭和後期-平成時代の教育者,児童文学作家。大正14年7月9日生まれ。出身地の青森県と千葉県の小・中学校に38年間つとめ,作文教育,社会科教育につくす。昭和37年の「北風の子」以来,東北農村の子どもたちのたくましさをえがきつづけ,63年「津軽の山歌物語」で日本児童文芸家協会賞。ほかに「十三湖のばば」「子どもにおくる戦争があったころの話」など。日本子どもの本研究会会長をつとめた。青森師範卒。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 児童
  • らくだ
  • 出版
  • 十三湖
  • 文学
  • 日本
  • 松戸市
  • 青森
  • 青森県
  • 中学校
  • 作家
  • 偕成社
  • 刊行
  • 千葉大学
  • 千葉市
  • 千葉県
  • 協会
  • 学校
  • 師範
  • 教諭
  • 文芸家
  • 東京都
  • 牛久市
  • 茨城県
  • 葛飾区
  • ばば
  • 上京
  • 代表作
  • 会長
  • 傍ら
  • 出身
  • 創作
  • 卒業
  • 受賞
  • 在住
  • 多く
  • 子ども
  • 復刊
  • 所長
  • 教育
  • 晩年
  • 校長
  • 歌物語
  • 津軽
  • 活動
  • 物語
  • 現在
  • 県内
  • 研究会
  • 研究所
  • 舞台
  • 著作
  • 読者
  • 講師
  • 選集
  • 長編