生年月日データベース

内藤大助ないとうだいすけ

プロボクシング選手[日本]

1974年 8月30日 生 (満44歳)

内藤大助 - ウィキペディアより引用

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    ケロロ・ジャポ~ン!
    歌手
    内藤大助&加藤夏希
    発売元
    flying DOG
    発売日
    2009年3月04日
    新品価格
    ¥ 200 より
    中古商品
    ¥ 1 より
  • タイトル
    Only One
    歌手
    オムニバス
    発売元
    EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
    発売日
    2008年7月16日
    新品価格
    ¥ 1,720 より
    中古商品
    ¥ 3,007 より
  • タイトル
    RISE UP(DVD付)
    歌手
    U
    発売元
    エイベックス・エンタテインメント
    発売日
    2009年4月08日
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 500 より
  • タイトル
    RISE UP
    歌手
    U
    発売元
    エイベックス・エンタテインメント
    発売日
    2009年4月08日
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 243 より

北海道出身のプロボクサー。 元WBC世界フライ級王者(第35代)。宮田ジム所属。 1974年8月30日生まれ(団塊ジュニア世代)。北海道虻田郡豊浦町出身。 1996年10月、プロデビュー。 1998年12月、福山登?(大阪帝拳)を1回KOに下し、全日本新人王獲得。 2001年7月、坂田健史(協栄)の持つ日本王座に挑むも、分の良い引き分けに終わり、獲得失敗。 2002年4月、ポンサクレック・シンワンチャーの持つWBC世界フライ級タイトルに敵地タイ王国で挑戦。開始早々、右ストレートをヒット。好調な滑り出しに笑みを浮かべ、怪しいステップを踏むも、次の場面で試合はあっけなく幕を閉じていた。1回34秒KO負け。この34秒というKOタイムはフライ級世界戦史上の記録を73年ぶりに塗り替える不名誉な新記録となった。試合後、「押していたのは俺。パワーで勝っていたのも俺だった。そして、カウンターを食ったのも俺・・・。KOパンチは相手がビビって出したヤツだと思う」という名言を残す。 2004年6月、日本フライ級王者・中野博?(畑中ジム)に挑戦。2度のダウンを奪った後、偶然のバッティングによる相手の出血のため、6回負傷判定勝ちを収め王座獲得。 同年10月、初防衛戦に迎えた挑戦者・小嶋武幸?(横浜さくら)を、1回24秒の日本タイトル史上最短KO記録で下す。「最短男」の異名をとる。 2005年10月、WBC世界フライ級王者ポンサクレックに再挑戦。偶然のバッティングによる出血のため、7回負傷判定負け。獲得失敗。 2006年2月、中広大悟(広島三栄)を判定で下し、日本タイトル3度目の防衛に成功。 2006年6月、東洋太平洋フライ級王者・小松則幸(エディ …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 世界
  • 獲得
  • 王座
  • フライ級
  • プロデビュー
  • 引退
  • 日本
  • 王者
  • ジム
  • タイトル
  • プロ
  • ボクサー
  • ボクシング
  • ポンサクレック
  • 北海道
  • 太平洋
  • 宮田
  • 少年
  • 戦績
  • 敵手
  • 時代
  • 東洋
  • 現役
  • 虻田郡
  • 記録
  • 豊浦町
  • 陥落
  • エンターテインメント
  • スポーツクラブ
  • トラ
  • マネジメント
  • ロック
  • 出身
  • 所属
  • 評議会
  • 連盟