生年月日データベース

ジュスティーヌ・エナンJustine Henin

プロテニス選手[ベルギー]

1982年 6月1日 生 (満37歳)

ジュスティーヌ・エナン - ウィキペディアより引用

『ジュスティーヌ・エナン=アーデン』より : ジュスティーヌ・エナン(Justine Henin, 1982年6月1日 - )は、ベルギー・リエージュ出身の女子プロテニス選手。
WTAツアーで4大大会7勝を含むシングルス41勝、ダブルス2勝を挙げた。
身長167cm、体重57kg(2011年時点)。
比較的小柄な身体から飛び上がって打つ独特な片手打ちバックハンド・ストロークと、類い稀なフットワークを最大の武器にした。
2002-2006年の選手登録名は、「ジュスティーヌ・エナン=アーデン」(Justine Henin-Hardenne)。
また、2001年全仏オープンまでは、日本の新聞一般表記は「ジャスティン・ヘニン」であった。
選手経歴 エナンは、2歳の時に初めてテニスのラケットを握り、6歳から専門的な指導を受け始めた。
彼女はちょうど10歳になった時、母親と一緒に1992年全仏オープンの女子シングルス決勝を会場で観戦し、グラフとモニカ・セレシュの熱闘に深い感動を受けた。
この試合を一緒に見た母親は、1995年2月に癌で死去してしまい、ジュスティーヌは父子家庭で育つことになる。