生年月日データベース

宮本征勝

男子サッカー選手、監督[日本]

1938年 7月4日 生 (満80歳)

宮本 征勝(みやもと まさかつ、1938年7月4日 - 2002年5月7日)は、茨城県日立市出身のサッカー選手、サッカー指導者。
選手時代のポジションはディフェンダー。
サッカー日本代表として44試合に出場し、1968年のメキシコシティオリンピックで銅メダルを獲得した。
茨城県立日立第一高等学校でサッカーを始め、1956年の第35回全国高等学校サッカー選手権大会で準優勝し、得点王および最優秀選手に選出された。
1957年、早稲田大学第二商学部に入学。
在学中は早稲田大学ア式蹴球部に所属し、在学中の1958年にサッカー日本代表に選出され、同年12月の香港代表戦で初出場した。
大学卒業後、1961年から長沼健や大学の先輩・八重樫茂生ら代表選手の揃った古河電気工業サッカー部(現:ジェフユナイテッド市原・千葉)に入団した。
1959年のムルデカ大会から1972年のミュンヘンオリンピック予選まで日本代表として活躍。
国際Aマッチ44試合に出場し1得点。
その強靱な体力と背番号から、当時の人気漫画のヒーローになぞらえて「エイトマン」のニックネームで呼ばれた。

関連書籍

サッカー選手・監督。通称「エイトマン*1」。 ポジションはディフェンダー。 1938年7月4日生まれ、茨城県出身。 県立日立第一高校、早稲田大学を経て、古河電気工業入り。JSLでは103試合出場19得点を記録。年間優秀11人賞3回。 早稲田大学在学中に全日本入りし、1964年東京、1968年メキシコオリンピックに出場。メキシコでは銅メダルに貢献。国際Aマッチ出場43試合1得点。 引退後の1974年、古河の監督に就任。 1978年の早稲田大学の監督を経て、1983年本田技研(現Honda FC)の監督に就任。 Jリーグ発足時には本田の選手を数名引き連れ、鹿島アントラーズの初代監督に就任し、1993年度1stステージ優勝を導いた。1995年には清水エスパルスの監督も務めた。 2002年5月7日、FIFAワールドカップ日韓大会を見ることなく逝去。 2005年、初代日本サッカー殿堂入り。 * (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • サッカー
  • 代表
  • 成績
  • 出場
  • オリンピック
  • クラブ
  • ディフェンダー
  • 個人
  • 出典
  • 大会
  • 所属
  • 指導
  • 日本
  • 監督
  • 著書
  • 試合
  • 選手
  • 関連
  • ポジション
  • メキシコシティ
  • メキシコシティー
  • 得点
  • 指導者
  • 時代
  • 点数
  • 獲得
  • 競技
  • 銅メダル