生年月日データベース

本多静六ほんだせいろく

林学学者、造園家[日本]

(慶応2年7月2日生)

1866年 8月11日

1952年 1月29日 死去享年87歳

『本多靜六』より : 本多 静六(ほんだ せいろく、慶応2年7月2日(1866年8月11日) - 昭和27(1952年)1月29日)は、日本の林学博士、造園家。
日本の「公園の父」といわれる。
旧名、折原静六。
武蔵国埼玉郡河原井村(現埼玉県久喜市菖蒲町河原井)に折原家の第6子として生まれた。
東京山林学校に入学するまでの間河原井村で少年時代を過ごした。
当時の河原井村は、戸数25軒ほどの小さな村だったが、中でも折原家は代々名主役を務める裕福な農家だった。
ところが9歳の時に父親が急死すると同時に多額の借金が家に舞い込み、今までとは違った苦しい生活を強いられるようになった。
しかしそれでも向学心は衰えることなく、14歳の年志を立てて島村泰(元岩槻藩塾長)のもとに書生として住み込み農閑期の半年は上京し勉学に努め、農繁期の半年は帰省して農作業や米つきに励むという変則的な生活を三年間繰り返した。

映像作品

関連書籍

DMMメディア

東京帝国大学教授 林学博士 1866-1852 日比谷公園などを設計している。現在,氏の資産形成の考え方が注目を集めている。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 公園
  • 日本
  • 人物像
  • 係累
  • 博士
  • 年譜
  • 林学
  • 栄典
  • 株式
  • 著書
  • 設計
  • 造園家
  • 関連
  • 風景
  • 停年
  • 元手
  • 天引き
  • 寄付
  • 巨万
  • 投資
  • 投資家
  • 折原
  • 教授
  • 旧名
  • 月給
  • 東大
  • 苦学
  • 財産
  • 貯金
  • 静六