生年月日データベース

冲永荘一おきながしょういち

医学者、帝京大学 創設者[日本]

1933年 6月29日

2008年 9月25日 死去享年76歳

冲永 荘一(おきなが しょういち、Dr.Syouichi Okinaga、1933年6月29日 - 2008年9月25日)は、日本の医学者(産婦人科学)、教育者。
来歴・人物 東京府渋谷町(現・渋谷区)に財団法人帝京商業学校を創設した冲永荘兵衛の長男として1933年東京府荏原区(現・品川区)に生まれる。
1958年東京大学医学部卒業後、1963年に同大学大学院医学研究科博士課程を修了、医学博士号を取得した。
その後1966年に帝京大学を創設し学長・理事長に就任、1981年には同大学総長に就任し2002年まで同大学総長・理事長職を務めた。
2002年に帝京大学総長退任後は国内の医学の発展に寄与するため専門である産婦人科学の論文発表や学術研究、および帝京大学医学部の附置研究所である帝京大学医真菌研究センターにおいて真菌症の治療や臨床研究に尽力した。
評価 治療や研究を通じて人間の生命を救う事が出来る医学に志と使命感を持ち教育理論より社会に直結した実学を重視した冲永荘一は、『医学は実学を象徴する学問である』との想いから東京大学医学部大学院在学時に博士論文において史上最年少(当時)で日本産科婦人科学会賞を受賞した。

関連書籍

「冲永荘一」と関連する人物

連想語句
  • 東京
  • 東京大学
  • 冲永荘兵衛
  • 医学
  • 医学者
  • 医学部
  • 博士
  • 品川区
  • 大学院
  • 学校
  • 教育者
  • 東京都
  • 法人
  • 渋谷区
  • 渋谷町
  • 産婦人科
  • 荏原
  • 評価
  • 課程
  • 財団
  • 関連
  • 中学校
  • 修了
  • 創設
  • 卒業
  • 商業
  • 帝京
  • 帝京大学
  • 長男
  • 高等