生年月日データベース

熊井啓くまいけい

映画監督[日本]

1930年 6月1日

2007年 5月23日 死去くも膜下出血享年78歳
熊井啓 - ウィキペディアより引用

映像作品

関連書籍

音楽作品

DMMメディア

  • ひかりごけ
  • 式部物語
  • 海と毒薬 (ブルーレイディスク)
  • 海と毒薬
    評価 4.40点
  • サンダカン八番娼館 望郷[東宝DVD名作セレクション]
    評価 3.50点
  • 千利休 本覺坊遺文
  • サンダカン八番娼館 望郷 【期間限定プライス版】
    評価 3.50点
  • 裕次郎‘夢の箱’-ドリームボックス- (ブルーレイディスク)
  • 黒部の太陽 【通常版】 (ブルーレイディスク)
  • 黒部の太陽 【特別版】 (ブルーレイディスク)
  • 裕次郎‘夢の箱’-ドリームボックス-
  • 黒部の太陽 【通常版】
    評価 4.20点
  • 黒部の太陽 【特別版】
  • 銀座の恋の物語
    評価 3.00点
  • 日活100周年邦画クラシックス・VALUE COLLECTION 霧笛が俺を呼んでいる
    評価 3.33点
  • 『上を向いて歩こう』DVDスペシャル・コレクション
  • めぐりあい 映画に生きた熊井啓との46年
  • 熊井啓への旅
  • 私の信州物語
  • ぶれない男熊井啓
  • 映画「黒部の太陽」全記録
  • 黒部の太陽 ミフネと裕次郎

くまいけい [生]1930.6.1.長野,豊科[没]2007.5.23.東京映画監督。1953年に信州大学を卒業。その後,独立プロに参加,1954年日活に助監督として入社する。1964年に自身の脚本『帝銀事件・死刑囚』で監督デビュー。この映画は,1948年に起こった帝国銀行の行員12人の毒殺事件で死刑囚となった平沢貞通を無罪とする立場で描いた力作(→帝銀事件)。続く『日本列島』(1965)は戦後の不可解な事件と国家のかかわりに迫り,『黒部の太陽』(1968)は黒部ダムの建設を映画化して国民的大ヒットとなった。1969年日活退社後はフリーランスの映画監督として活躍し,文芸作品『忍ぶ川』(1972)が芸術選奨文部大臣賞,『サンダカン八番娼館・望郷』(1974)と『海と毒薬』(1986)がベルリン国際映画祭銀熊賞,『千利休・本覺坊遺文』(1989)がベネチア国際映画祭銀獅子賞を得た。遺作は黒沢明が残した脚本による『海は見ていた』(2002)。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 映画
  • 日本
  • 監督
  • 長野県
  • 松本
  • サンダカン
  • 八番
  • 冤罪
  • 協会
  • 南安曇郡
  • 国際
  • 大臣
  • 大賞
  • 娼館
  • 安曇野市
  • 批評家
  • 文部
  • 新人
  • 望郷
  • 紫綬
  • 芸術
  • 褒章
  • 豊科町
  • 選奨
  • 香港
  • くまい
  • けい
  • 中学校
  • 優秀
  • 列島
  • 勲四等
  • 学校
  • 小学校
  • 小綬
  • 旭日
  • 旭日章
  • 深志
  • 熊井
  • 田町
  • 県立
  • 高等