生年月日データベース

多治見麻子たじみあさこ

バレーボール選手[日本]

1972年 6月26日 生 (満46歳)

多治見麻子 - ウィキペディアより引用

多治見 麻子(たじみ あさこ、1972年6月26日 - )は、日本の女子バレーボール選手。
東京都三鷹市出身。
ニックネームはアサコ。
小学校6年生からバレーを始め、八王子実践高校時代は春高バレー優勝等を経験した。
1991年日立に入社。
1990年全日本代表初選出。
1992年バルセロナオリンピック、1996年アトランタオリンピックと五輪に2度出場。
1997年より葛和伸元監督率いる全日本のキャプテンに抜擢され、1998年世界選手権で主将を務めた。
1999年1月に左ひざの手術を受けた影響で同年のワールドカップには出場したが満足なプレーが出来なかった。
2000年シドニー五輪予選に間に合わず、Vリーグでも99、00年シーズンと本来の活躍ができなかった。
2001年、日立ベルフィーユ廃部に伴い、パイオニアへ移籍。
2003-04年第10回Vリーグで吉原知子、佐々木みき、斎藤真由美、内田役子らとチーム創部25年目、Vリーグ昇格4年目にしてリーグ初優勝に導く。

関連書籍

たじみ-あさこ 1972-平成時代の女子バレーボール選手。昭和47年6月26日生まれ。ポジションはミドルブロッカー,身長180cm。平成2年全日本代表にえらばれる。3年日立入社。4年バルセロナ五輪(5位),8年アトランタ五輪(9位)に出場。10年世界選手権(8位)では主将をつとめた。日立ベルフィーユの廃部にともない,13年パイオニアレッドウィングスに移籍。19年長期活躍選手としてVリーグ栄誉賞を受賞。20年北京五輪で12年ぶりに出場し,5位となる。21年パイオニアでコーチを兼任。24年現役引退。東京都出身。八王子実践高卒。 (引用元 コトバンク)