生年月日データベース

ドクター中松どくたーなかまつ

発明家[日本]

(本名・中松義郎)

1928年 6月26日 生 (満90歳)

『中松義郎』より : 中松 義郎(なかまつ よしろう、通称: ドクター中松、英語表記:Dr.NakaMats. 1928年(昭和3年)6月26日 - )は、日本の発明家、実業家である。
「ドクター中松創研」代表取締役、日本文化振興会会長、国際発明協会及び世界天才会議の主宰者 。
東京都知事選挙に繰り返し出馬するなどのパフォーマンスで注目を集め、タレントとしてテレビに出演するようになった。
アパグループ広報誌「アップルタウン」では「サー中松義郎博士」と表記されている。
生い立ち 東京府(現在の東京都渋谷区)出身。
母親は東京女子高等師範学校(現在のお茶の水女子大学)を卒業した教師であった。
学校は、はじめ麹町小学校に越境通学した後、東京・原宿の自宅から至近の青山師範学校付属小学校(現在の東京学芸大学附属世田谷小学校)に4年生から編入した。
その後は旧制麻布中学校、海軍兵学校舞鶴分校、旧制成城高等学校理科甲類。
1953年東京大学工学部を卒業した。
卒業後は三井物産に就職した。
ヘリコプターの営業に携わり、この際にヘリコプターによる農薬散布を発案したという。

映像作品

関連書籍

音楽作品

DMMメディア

日本の発明家。本名は中松義郎。1928年生まれ、東京都出身。東京大学卒業。工学博士・法学博士・医学博士・理学博士・人文学博士。同氏の公式プロフィールによると、これまでの発明件数は3,000件以上であり、トーマス・エジソンの1,093件を上回り世界一としている。91年、東京都知事選挙に無所属で立候補、「21世紀の地球都市を発明する」の基本政策を掲げ、自作のジャンピングシューズを履いたパフォーマンスを行った。以降、東京都知事選挙に繰り返し出馬して注目を集め、タレントとしてテレビに出演している。2014年6月26日、同氏は東京都内で記者会見を行い、13年12月に末期がんと診断され、医師から「余命は来年末(2015年末)まで」と宣告されたことを明らかにした。「これからは前立腺導管がんを治す『治療ロボット』の発明を目指すとともにがんで苦しむ人のための募金活動もしたい」などと同会見の席上で語った。 (2014-6-30) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 日本
  • 出馬
  • 発明
  • エンジン
  • ディ
  • ディスク
  • フロッピー
  • リボ
  • 名義
  • 呼称
  • 商標
  • 実業家
  • 幸福実現党
  • 振興会
  • 政治
  • 政策
  • 文化
  • 東京都
  • 活動
  • 理論
  • 発明家
  • 登録
  • 知事
  • 私生活
  • 選挙
  • タレント
  • テレビ
  • パフォーマンス
  • 世界
  • 主宰者
  • 代表
  • 会議
  • 会長
  • 出演
  • 創研
  • 協会
  • 取締役
  • 国際
  • 天才
  • 注目
  • 総裁