生年月日データベース

木村一基きむらかずき

将棋棋士[日本]

1973年 6月23日 生 (満45歳)

木村 一基(きむら かずき、1973年6月23日 - )は、将棋棋士。
佐瀬勇次名誉九段門下。
棋士番号は222。
千葉県四街道市出身。
竜王戦1組通算8期、順位戦A級通算4期。
棋歴 幼稚園生のころ、近所に住む友人から将棋の駒の動かし方を教わる。
小学校のころ、将棋教室の席主に佐瀬勇次八段(当時)を紹介され、そのまま入門した。

小学6年の1985年の春、第10回小学生将棋名人戦でベスト8。
この大会では野月浩貴が優勝、行方尚史が3位であった。
同年12月、6級で奨励会に入会。
二段(1988年10月)までは順調に昇級・昇段する。
しかし、そこから三段昇段までに約2年、さらには三段リーグを抜けるのに6年半かかり、プロ入り(四段昇段)したのは1997年4月1日、23歳のときという遅咲きであった。
1994年佐瀬勇次名誉九段が亡くなり、弟子だった沼春雄五段(当時)の門下生となる。
プロになってからの勝率は非常に高く、棋士仲間の間で「勝率君(しょうりつくん)」と呼ばれていたことがある。

関連書籍

DMMメディア

将棋のプロ棋士。 タイトル挑戦6回で一度もタイトルに手が届いていない、無冠の帝王。 1973年6月23日生。千葉県出身。 あだ名は“いっき” 色紙にもよくそう署名する。達筆。 喋りが上手くサービス精神が豊かであるため、勝敗に関係なく 対局後に大盤解説会場へ現れ、周囲を驚かせた。 ネット放送の解説も楽しいという評判で、「解説なら名人級」と言われることがある。 三浦九段の愛称「みうみう」、安食総子女流の「あじあじ」に続き、「おじおじ」(おじさんだから)の愛称も一部で定着している。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 棋歴
  • 将棋
  • 棋士
  • エピソード
  • クラス
  • タイトル戦
  • 一般
  • 佐瀬勇次
  • 優勝
  • 千葉県
  • 四街道市
  • 在籍
  • 大賞
  • 対局
  • 履歴
  • 幼稚
  • 成績
  • 昇段
  • 棋戦
  • 棋風
  • 番号
  • 登場
  • 著書
  • 通算
  • 関連
  • ころ
  • 出身
  • 名誉
  • 竜王
  • 門下
  • 順位