生年月日データベース

大岩剛おおいわごう

男子サッカー選手、監督[日本]

1972年 6月23日 生 (満46歳)

大岩 剛(おおいわ ごう、1972年6月23日 - )は、静岡県清水市(現静岡市清水区)出身の元サッカー選手。
サッカー指導者。
ポジションはディフェンダー(センターバック)。
Jリーグの鹿島アントラーズのコーチを務めている。
元日本代表選手。
1995年に筑波大学から名古屋グランパスエイトに入団し、初年度からレギュラーを獲得する。
2000年にはA代表にも選ばれ順調なスタートを切ったに思えたが、シーズン途中に、主力で自身と同じ清水市立商業高等学校OBの平野孝と望月重良と共に「チームの和を乱したとして」突然解雇される。
その後、ジュビロ磐田に移籍し、N-BOXのシステムの中心メンバーとして2ステージ完全優勝を達成する。
2003年に当時の磐田の最大のライバルと言える鹿島アントラーズに移籍。
年齢もあり徐々に試合出場は減ったが、経験を生かした貴重なバックアップのメンバーとしてJリーグ初の3連覇も経験した。
2011年、天皇杯優勝と共に現役を引退。
花道を飾った。
人物・エピソード 学校は違ったが、近所には同学年の野々村芳和が住んでいた。

関連書籍

元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはディフェンダー(センターバック)。 1972年6月23日生まれ。静岡県出身。血液型A型。身長180cm、体重75kg。 サッカー日本代表としては、フィリップ・トルシエ監督時代の2000年に国際Aマッチ3試合に出場している。 2010年シーズンを最後に現役引退。指導者に転身した。 (引用元 Hatena Keyword)