生年月日データベース

坪内逍遥つぼうちしょうよう

作家[日本]

(安政6年5月22日生)

1859年 6月22日

1935年 2月28日 死去享年77歳
坪内逍遥 - ウィキペディアより引用

関連書籍

音楽作品

DMMメディア

  • 東海の文学風土記 坪内逍遥から朝井リョウまで
  • 法難 復刻版
  • シェイクスピア劇の翻訳と演出 坪内逍遥と加藤長治
  • 小説神髄
  • 小説 神髄
  • 内地雑居未来之夢
  • 坪内逍遥の国語読本 原文、振り仮名、現代語訳つき。
  • 別冊早稲田文学 1
  • 泰西女丈夫伝 朗蘭夫人伝
  • 当世書生気質
  • 小羊漫言
  • 諷誡京わらんべ
  • 当世書生気質 一読三嘆
  • 坪内逍遥の妻 大八幡楼の恋
  • 滑稽な巨人 坪内逍遥の夢
  • 坪内逍遥 人と作品 37
  • 早稲田大学グリークラブ/他/早稲田の歌
  • コロムビア創立100周年記念企画 文化を聴く
  • よみがえる自作朗読の世界II
  • よみがえる自作朗読の世界〜北原白秋、与謝野晶子、堀口大學ほか〜
  • NHK「にほんごであそぼ」雨ニモマケズ
  • 松永和風(四世)/長唄 京鹿子娘道成寺

つぼうちしょうよう 1859年(安政6年)〜1935年(昭和10年) 美濃国生まれ 評論家 翻訳家 劇作家 作家 明治18年(1885年)に『小説神髄』を発表し、勧善懲悪が基本だった当時の日本に西洋の近代小説観を広めた。同年その実践として位置付ける『一読三歎 当世書生気質』をあらわしたが、自らの創作理論の徹底とはいかなかった。明治24年(1891年)に「早稲田文学」を創刊する。主観(理想)を直接的にあらわさずに客観的な描写に終始すべきという創作観を森鴎外に反駁され論争に発展、没理想論争として展開される。 昭和3年までにシェイクスピア全集全40巻を完訳。日本に西洋演劇を紹介した第一人者。また自ら作劇も手がけ、史劇『桐一様』(明治27年 1894年)などを発表する。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 生涯
  • 小説家
  • 日本
  • シェイクスピア
  • 作品
  • 劇作家
  • 家族
  • 小説神髄
  • 当世書生気質
  • 翻訳家
  • 親族
  • 評論家
  • 関連
  • おぼろ
  • つぼうち
  • ゆうぞう
  • ウィリアム
  • 主人
  • 代表作
  • 俳句
  • 全集
  • 別号
  • 古歌
  • 坪内
  • 影響
  • 成立
  • 改良
  • 文学
  • 明治
  • 明治時代
  • 昭和
  • 月夜
  • 本名
  • 活躍
  • 演劇
  • 翻訳
  • 近代
  • 運動
  • 雄蔵