生年月日データベース

ニコル・バイディソバNicole Vaidisova

プロテニス選手[チェコ]

1989年 4月23日 生 (満30歳)

ニコル・バイディソバ - ウィキペディアより引用

『ニコル・ヴァイディソワ』より : ニコル・バイディソバ(Nicole Vaidišová, 1989年4月23日 - )は、チェコの女子プロテニス選手。
両親の仕事の関係で、ドイツ・ニュルンベルクに生まれる。
WTAツアーでシングルス6勝を挙げている(ダブルス優勝はない)。
身長183cm、体重63kg。
右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。
長身とルックスを兼ね備え、プレースタイルもよく似ていることから“シャラポワ2世”と呼ばれることがある。
バイディソバは母親の手ほどきで6歳からテニスを始め、2004年に15歳で女子テニス国別対抗戦・フェドカップのチェコ代表選手となった。
同年の全米オープンで4大大会にデビューした時、予選3試合を勝ち上がって本戦に進出したが、本戦1回戦で第1シードのジュスティーヌ・エナン=アーデンに敗れた。
2005年度の4大大会成績は、全豪オープンが3回戦、全仏オープンが2回戦、ウィンブルドンが3回戦、2度目の全米オープンが4回戦進出となる。
2005年のフェドカップ「ワールドグループ第2部」(最上位の「ワールドグループ」8ヶ国の下位に位置する、次の8ヶ国のグループ) では、4月23日・24日の1回戦でチェコと日本が対戦し、チェコが「3勝2敗」で日本を破った。