生年月日データベース

坂井秀至さかいひでゆき

囲碁棋士[日本]

1973年 4月23日 生 (満46歳)

坂井 秀至(さかい ひでゆき、1973年4月23日 - )は、囲碁のプロ棋士 (囲碁) 棋士、七段。
兵庫県三田市出身、関西棋院所属。
佐藤直男九段門下。
灘高校、京都大学医学部卒業。
医師の資格を持ちながらこれを投げ打って囲碁界に飛び込んだ異色の経歴を持つ。

産婦人科医院を営む父の影響で7歳から囲碁をはじめ、三田市立三田小学校3年から佐藤直男の子供囲碁教室に入る。
1級上に、結城聡が居た。
結城が院生になり参加資格が無くなった、小学4年から少年少女囲碁大会小学生の部兵庫県代表となり、全国5位に。
翌年は全国大会決勝戦で、倉橋正行に破れ準優勝。
全日本アマチュア本因坊戦兵庫県代表にもなり、最年少記録であった。
その翌年小学6年生に優勝を果たす。

関連書籍

さかい-ひでゆき 1973-平成時代の囲碁棋士。昭和48年4月23日生まれ。佐藤直男(すなお)門下。昭和60年少年少女囲碁大会小学生の部で優勝。同大会中学生の部では3連覇をはたす。平成8年全日本アマチュア本因坊戦優勝,12年には世界アマチュア囲碁選手権で優勝。13年医師国家試験に合格したが,プロ棋士をめざし編入試験をへて,飛付5段となる。関西棋院所属。16年名人リーグ入り。22年初の挑戦手合で張栩碁聖を破り,碁聖位を獲得し,8段に昇段する。兵庫県出身。京大医学部卒。 (引用元 コトバンク)