生年月日データベース

イマヌエル・カントImmanuel Kant

哲学者[ドイツ]

1724年 4月22日

1804年 2月12日 死去享年81歳
イマヌエル・カントの名言
互いに自由を妨げない範囲において、 我が自由を拡張すること、これが自由の法則である。
イマヌエル・カント - ウィキペディアより引用

■ 関連書籍

1724-1804。ドイツの哲学者。「インマニュエル・カント」「イマニュエル・カント」「イマヌエル・カント」と日本語表記されることもある。 1724年?4月22日 ドイツのケーニヒスベルクに生まれた。父親は勤勉実直な馬具職人であり、母親は暖かくてしとやかな、感受性の豊かな人であったらしい。共にルターの精神にかえって敬虔な生活を送るピエティズム(敬虔主義)の熱心な信者であった。この家庭の雰囲気は後のカントの厳格主義に大きな影響を与えたと思われる。 1737年? カント14歳の時に母親が死亡。その3年後にカントはケーニヒスベルク大学に入学。苦学しながらも熱心に勉強した。 1746年? 大学卒業の年に父親も亡くし、大学に残ることを断念。卒業と同時に、当時研究者の道を歩む人たちの一般的なコースであった家庭教師になり、以後8年間、ケーニヒスベルク近郊で家庭教師の生活を送る。 1756年 晴れて母校ケーニヒスベルク大学の私講師となる。私講師(Privatdozent)というのは、聴講する学生から直接授業料をもらう一種の非常勤講師で、学生の数がそのまま収入に直結するので、教える方も真剣で、高度な内容の講義が行われた。 1770年? 47歳で教授に昇進したカントはいよいよ自らの哲学体系の構想を実現すべく、著作に取り組む。完成を期すうちに10年の歳月を要してようやく出版されたのが、カントの主著と言ってもよい、かの『純粋理性批判』である。この後に書かれた『実践理性批判』(1784年)と『判断力批判』(1790年)との3つの批判書がカントの代表作とされ、カントの哲学が別名「批判哲学」 …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 批判
  • 哲学
  • ドイツ
  • ケーニヒス
  • シェリング
  • フィヒテ
  • フリードリヒ
  • ヘーゲル
  • ベルク
  • 判断力
  • 哲学者
  • 大学
  • 実践理性
  • 教授
  • 生涯
  • 純粋理性
  • 西洋
  • 観念
  • 認識
  • 超越
  • 転回
  • アルベルトゥス
  • ゲオルク
  • ゴットリープ
  • ヨハン
  • ヴィルヘルム
  • 主義
  • 以後
  • 全体
  • 古典
  • 影響
  • 批判書
  • 提唱
  • 枠組み
  • 発表