生年月日データベース

西村雄一にしむらゆういち

サッカー審判員[日本]

1972年 4月17日 生 (満47歳)

西村雄一 - ウィキペディアより引用

西村 雄一(にしむら ゆういち、1972年4月17日 - )は、東京都出身のサッカー審判員。
2014年の2014 FIFAワールドカップでは、開幕戦で主審を務め、2014年まで国際審判員として活躍した。
小学校からサッカーをはじめ、卒業アルバムにも「サッカーの会社か(有名)チームに入ること」と書くなどプロ選手を目指していた。
駒沢サッカークラブ、東京都立新宿高等学校を経て1994年に日本電子工学院専門学校(現・日本工学院専門学校)を卒業した。
サラリーマン生活を送りながらアマチュアの試合で審判を続け1999年に1級審判員として登録され、さらに2004年からはスペシャルレフェリー(SR、現・プロフェッショナルレフェリー:PR)として登録され、Jリーグを含む国内試合の審判員として活動している。
(2014年までは国際審判員としても活躍した。
) 2007年7月に行われたAFCアジアカップや8 - 9月に行われたU-17W杯に副審の相樂亨とともに派遣され、U-17W杯ではFIFA主催の大会としては日本人初となる決勝の主審を務めた。

日本のサッカー審判員。国際審判、プロフェッショナルレフェリー。 (引用元 Hatena Keyword)