生年月日データベース

片山敬済かたやまたかずみ

オートバイレーサー[日本]

1951年 4月16日 生 (満68歳)

片山 敬済(かたやま たかずみ、1951年4月16日 - )は、兵庫県生まれのモーターサイクル・ロードレースライダー。
1977年に日本出身者として初めてのロードレース世界選手権(WGP)チャンピオン獲得。
WGP参戦当時の愛称は「プリンス」。
または名前から「zooming cuts(ズーミングカッツ)」。
韓国国籍。
戦歴 WGPデビュー以前 16歳でバイクの免許を取得、ホンダCB450で走り始める。
18歳の頃にF1ドライバーを目指し、四輪車でジムカーナを始めるが、先輩から「4輪をやるなら2輪から入れ」との助言を受け、20歳のときにバイクレースを始める。
兵庫県六甲山の街道レーサーから1971年、神戸木の実レーシングからロードレースデビュー。
当時のクラス分けのノービス、ジュニア、エキスパートジュニア、を全て一年でクリアし、1974年には当時国内最高のセニアクラスに昇格する。
WGP 1974年シーズン 1974年、片山は契約していたヤマハから強引に許可を得てWGPに参戦した。

映像作品

関連書籍