生年月日データベース

紀田順一郎きだじゅんいちろう

文芸評論家[日本]

1935年 4月16日 生 (満84歳)

紀田 順一郎(きだ じゅんいちろう、1935年4月16日 - )は、日本の評論家、翻訳家、小説家。
本名は佐藤 俊(さとう たかし)。
神奈川県横浜市中区生まれ。
横浜国立大学神奈川師範学校横浜中学校から慶應義塾高等学校を経て、慶應義塾大学経済学部卒。
ペンネームの「紀田」はきだみのるから、「順一郎」は谷崎潤一郎に由来している。
横浜の本牧・千代崎町で出生、父は日本銀行の行員。
1941年に父が結核となり、暗い家庭となる。
腺病質で体が弱かったため、本の世界に楽しみを見出していた。
集団疎開の苦しみから、1945年1月の父の死去で逃れる。
その後、縁故疎開して終戦を迎える。
1948年、横浜国立大学附属横浜中学校に入学。
担任となった女性教師の影響で、純文学に親しむようになる。
1951年、慶應義塾高等学校入学。
文学全集を読みふけるが、一方で1953年に創刊された「ハヤカワ・ポケット・ミステリ」の影響で、探偵小説にも熱中するようになる。
また、「映画芸術研究会」で大伴昌司と知り合う。
1954年、慶應義塾大学経済学部に進学。
紀田らの入学2年前に仮結成されていたものを、田村良宏(後のSRの会会長)らが本格立ち上げした慶應義塾大学推理小説同好会(木々高太郎を会長)に、やはり大伴とともに参加。

映像作品

関連書籍

本名佐藤俊。作家、評論家。1935年、神奈川生まれ。 慶応大学卒業。書籍論・読書論の第一人者。神奈川近代文学館・館長。 慶応大学時代、慶応大学推理小説同好会の立ち上げに参加。大伴昌司とここで出会う。 卒業後、大伴、桂千穂とともに、SRの会東京支部を結成。永井荷風と仲たがいして、文壇的に干されていた、平井呈一を訪問する。 のち、サラリーマンをやめ、近代史と読書論を専門とするライターとして独立。 また、大学生時代の荒俣宏と出会い、コンビで怪奇幻想文学の叢書をいくつも立ち上げる。国書刊行会から刊行された、「世界幻想文学大系」はその記念碑的産物で、カルト出版社としての国書刊行会この叢書で決定づけられた。 作家としても、「古本屋探偵」シリーズを執筆し、古本業界に関するマニアックな描写が魅力。 (引用元 Hatena Keyword)