生年月日データベース

古河市兵衛ふるかわいちべえ

実業家、古河財閥 創業者[日本]

(天保3年3月16日生)

1832年 4月16日

1903年 4月5日 死去享年72歳
古河市兵衛 - ウィキペディアより引用

古河 市兵衛(ふるかわ いちべえ、天保3年3月16日(1832年4月16日) - 明治36年(1903年)4月5日)は日本の実業家で、古河財閥の創業者。
京都出身。
幼名は木村巳之助、幸助。
陸奥宗光の二男の潤吉を養子とした。
従五位。
生家の木村家は京都岡崎で代々庄屋を務める家柄であったが、父の代には没落しており、巳之助は幼少の頃から豆腐を売り歩く貧乏暮らしで苦労を重ねた。
継母が病に倒れた際、盛岡南部藩で高利貸しを営んでいた母方の叔父が見舞いに訪れ、その際、その親族のもとで修行をすることを希望し、嘉永2年(1849年)、盛岡に向かう。
盛岡では叔父のもとで貸金の取立てを手伝う。
やがて南部藩御用商人の鴻池屋伊助店(草間直方が旧名時代に起こした店)に勤めるが、まもなく倒産。
安政4年(1857年)、叔父の口利きで京都小野組の番頭だった古河太郎左衛門の養子となり、翌年には古河市兵衛と改名した。
その後養父と共に生糸の買い付けを行っていたが、養父に才能を認められ、順調に小野組内の地位を高めていく。

関連書籍

実業家、古河グループの創始者 天保3年3月16日(1832年4月16日)生まれ。明治36年(1903年)4月5日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)

「古河市兵衛」と関連する人物