生年月日データベース

ジョゼフ・ブラックJoseph Black

物理学者化学者[イギリス]

(潜熱、熱容量概念の確立や二酸化炭素の発見者として知られる。)

1728年 4月16日

1799年 12月6日 死去享年72歳
ジョゼフ・ブラック - ウィキペディアより引用

ジョゼフ・ブラック(Joseph Black、 1728年4月16日 - 1799年12月6日) は、スコットランドの物理学者、化学者。
潜熱、熱容量概念の確立や二酸化炭素の発見者として知られる。
1756年から10年間、グラスゴー大学で医学と化学の教授を、1766年から30年余りエディンバラ大学で医学と化学の教授をつとめ、化学の定量的手法、熱学の進歩普及に貢献した。
生涯 ジョゼフ・ブラックは1728年4月16日、フランスのボルドーで生まれた。
父ジョン・ブラックはスコットランド系でアイルランド・アルスター州ベルファスト出身のワイン商人で、ボルドーに拠点を持っていた。
母マーガレットはスコットランド・アバデーンシャー州出身で、やはりワイン商人の家系であった。
ジョゼフは12歳でベルファストのグラマースクールでラテン語、ギリシャ語等を学び、1744年の16歳のときグラスゴー大学へ入り、リベラル・アーツを学んだ。
1747年に赴任してきた医学教授ウィリアム・カレンの講義を聞き、医学と化学に強い興味を持ち、医学の道へ進んだ。

「ジョゼフ・ブラック」と関連する人物

連想語句
  • 大学
  • グラスゴー
  • ファスト
  • ベル
  • ボルドー
  • 化学
  • 医学
  • 教授
  • 生涯
  • アイルランド
  • アバディーン
  • アルスター
  • アーツ
  • エディンバラ
  • グラマー
  • シャー
  • ジョゼフ
  • スクール
  • スコットランド
  • フランス
  • ブラック
  • リベラル
  • ワイン
  • 二酸化
  • 出身
  • 化学者
  • 商人
  • 学者
  • 潜熱
  • 炭素
  • 熱容量
  • 物理
  • 王国
  • とき
  • ウィ
  • ギリシャ語
  • ジョン
  • マーガレット
  • ラテン語
  • リア
  • 家系
  • 手法
  • 拠点
  • 普及
  • 概念
  • 熱学
  • 発見者
  • 確立
  • 貢献
  • 赴任
  • 進歩