生年月日データベース

山本作兵衛やまもとさくべえ

炭鉱労働者、炭鉱記録画家[日本]

1892年 5月17日

1984年 12月19日 死去老衰享年92歳

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    たがタンゴ
    歌手
    発売元
    NANA RECORDS
    発売日
    2013年4月20日
    新品価格
    ¥ 1,028 より
    中古商品
    ¥ 688 より

やまもとさくべい [生]1892.5.17.福岡,笠松[没]1984.12.19.福岡,飯塚炭鉱労働者,画家。石炭の産地である福岡県筑豊地域に生まれ,幼い頃から父や兄について炭坑に入り,小学校卒業後14歳で山内炭鉱の坑内労働者となった。以降,位登炭鉱の閉山によって退職するまで約50年間にわたり炭鉱労働者として働いた。引退し夜警宿直員となった60代半ばに絵筆を取るようになり,自身が体験・見聞したことをもとに,明治・大正から昭和初期にいたる筑豊炭田の生活を墨や水彩で描写し,余白に説明文を添えた記録画を描いた。92歳で没するまでに,炭鉱労働を経験した者にしか描くことができない正確で緻密な1000点をこえる記録画を残した。そのうち584点が福岡県の有形民俗文化財に指定されている。画文集として『炭鉱に生きる』(1967),『筑豊炭坑絵巻』(1973)などがある。1967年に勲六等瑞宝章を授与された。1981年福岡県教育文化功労者表彰受賞。2011年5月,福岡県田川市と福岡県立大学が共同で申請した絵画,日記,雑記帳や原稿など計697点からなる「山本作兵衛炭坑記録画・記録文書」が,一人の炭鉱労働者が作成した筑豊炭田の生活や風俗を伝える希少な記録として国際連合教育科学文化機関UNESCOの世界の記憶に日本で初めて国際登録された。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 炭鉱
  • 記憶
  • ユネスコ
  • 遺産
  • 明治
  • 福岡県
  • 飯塚市
  • 嘉麻
  • 国内初
  • 日本
  • 松村
  • 田川市
  • 画家
  • 筑豊
  • 著作
  • 記録
  • 関連
  • ヤマ
  • 世界
  • 主要
  • 事務所
  • 人情
  • 以後
  • 伝聞
  • 余白
  • 作品
  • 半ば
  • 卒業
  • 各地
  • 嘉穂郡
  • 宿直
  • 尋常
  • 小学校
  • 山内
  • 工員
  • 戦後
  • 手帳
  • 手法
  • 採炭
  • 日記
  • 末期
  • 様子
  • 水彩
  • 炭坑
  • 生活
  • 登録
  • 立岩
  • 経験
  • 絵筆
  • 自ら
  • 説明
  • 警備
  • 鍛冶
  • 鶴三緒