生年月日データベース

藤山一郎ふじやまいちろう

歌手作曲家[日本]

1911年 4月8日

1993年 8月21日 死去享年83歳
藤山一郎 - ウィキペディアより引用

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

ふじやまいちろう [生]1911.4.8.東京[没]1993.8.21.東京歌手。本名,増永丈夫(ますながたけお)。東京音楽大学(現,東京芸術大)声楽科に在学中の1930年初め頃から,『酒は涙か溜息か』『丘を越えて』などを歌っていたが,当時,流行歌謡の歌手はクラシックの歌手に比べて認められていなかったこともあって,「覆面歌手」として活躍した。大学卒業後,『東京ラプソディ』など数々のヒット曲を歌って人気を得る。第2次世界大戦後,『青い山脈』『長崎の鐘』など新時代にふさわしい明るい歌声で一世を風靡した。小節など,それまでプロの歌手らしいとされていた歌い方をせぬ「楷書の歌唱」という独特の歌唱法で定評があった。54年よりレコード会社の専属を離れ,NHK嘱託となる。82年に勲3等瑞宝章,92年に国民栄誉賞を受賞した。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 東京
  • 音楽
  • 歌手
  • 日本橋
  • バリトン
  • 声楽家
  • 学校
  • 東京都
  • 理論
  • 蛎殻町
  • クラシック
  • ラプソディ
  • 中央区
  • 作曲家
  • 大学
  • 山脈
  • 指揮者
  • 本名
  • 楽典
  • 活躍
  • 溜息
  • 藝術
  • 長崎
  • 首席
  • たけお
  • ますなが
  • テナー
  • ハイ
  • ヒット曲
  • 丈夫
  • 出身
  • 卒業
  • 増永
  • 声楽
  • 学部
  • 忠実
  • 技術
  • 日本
  • 格調
  • 楷書
  • 楷書体
  • 歌唱法
  • 歌声
  • 正格
  • 正統
  • 武器
  • 流行
  • 流行歌
  • 音声