生年月日データベース

小沢昭一おざわしょういち

俳優[日本]

1929年 4月6日

2012年 12月10日 死去享年84歳
小沢昭一 - ウィキペディアより引用

小沢 昭一(おざわ しょういち、本名:小澤 昭一(読み同じ)、1929年(昭和4年)4月6日 - 2012年(平成24年)12月10日)は日本の俳優、タレント、俳人、エッセイスト、芸能研究者、元放送大学客員教授。
日本新劇俳優協会会長。
俳号は小沢 変哲。
劇団「しゃぼん玉座」主宰。
見世物学会顧問。
来歴・人物 東京府豊多摩郡和田堀町大字和泉(現在の京王線代田橋付近)生まれ。
父は現在の長野県長野市の出身で、新潟県高田市(現・上越市)で写真屋修行時代に結婚し東京に出てきた。
昭一2歳の頃、父親が写真館を始めたため日暮里へ引っ越し、4歳のときに蒲田に移り住む。
当時の蒲田は、松竹映画の撮影所があるモダンな街で、また寄席もあり、その猥雑な雰囲気が小沢の後の活動に影響を与えた。
戦争の匂いが身近に迫る中、旧制麻布中学に入学し、同級に大西信行、加藤武、フランキー堺、仲谷昇、なだいなだ等多くの友人を得る。
軍事教練や、学徒動員先でも天狗連として彼らと、しばしば落語を披露し合っていた。
通学帰り、ネタを増やしに、大西、加藤らと、学生服姿で人形町末廣、神楽坂演芸場、銀座金春亭など禁演落語の時節真っ只中の寄席に入り浸り、そこで出会った演芸評論家・作家の正岡容の知遇を得て弟子になる。

映像作品

関連書籍

音楽作品

DMMメディア

おざわしょういち [生]1929.4.6.東京[没]2012.12.10.東京俳優,芸能研究家。早稲田大学仏文科卒業。在学中から北村和夫らと演劇活動を始め,1950年俳優座養成所に2期生として入所。1951年俳優座公演の岸田国士作『椎茸と雄弁』で初舞台を踏む。1953年同養成所卒業と同時に渡辺美佐子らと劇団新人会を結成,1961年には早野寿郎らと劇団俳優小劇場を結成した。また,この頃から民衆芸能への関心を高め,1969年著書『私は河原乞食・考』を発表,1970年から放浪芸の採集を開始して『日本の放浪芸』レコード三部作(1971~75)としてまとめた。この間1975年に芸能座を結成,翌1976年永六輔作『清水次郎長伝・伝』で旗揚げ。並行して雑誌『季刊・芸能東西』10冊を編集・刊行した。1979年12月芸能座を解散,以後小沢一人のしゃぼん玉座で活動を続けた。そのほか映画にも多数出演,ことに今村昌平作品には欠かせない存在として知られ,代表作に『にあんちゃん』(1959)などがある。1994年紫綬褒章,2001年勲四等旭日小綬章,2007年菊池寛賞を授与された。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 出演
  • 著作
  • 関連
  • タレント
  • 俳人
  • 出典
  • 大学
  • 学会
  • 放浪
  • 放送
  • 映画
  • 東京
  • 歌謡
  • 注釈
  • 番組
  • 見世物
  • しゃぼん玉
  • エッセイスト
  • 主宰
  • 会長
  • 俳優
  • 俳号
  • 劇団
  • 協会
  • 変哲
  • 多摩
  • 客員
  • 小沢
  • 教授
  • 新劇
  • 日本
  • 研究者
  • 芸能
  • 顧問