生年月日データベース

島尾敏雄しまおとしお

作家[日本]

1917年 4月18日

1986年 11月12日 死去脳梗塞享年70歳
島尾敏雄 - ウィキペディアより引用

■ 映像作品

■ 関連書籍

しまおとしお [生]1917.4.18.横浜[没]1986.11.12.鹿児島小説家。1943年学徒出陣のため九州大学文科を繰上げ卒業。海軍予備学生となり,特攻隊隊長として赴任した奄美群島加計呂麻(かけろま)島で恋愛,のちこの恋人と結婚。47年神戸外国語大学講師となり,『島の果て』(1948),『出孤島記』(49)などで戦時下の極限状況を原体験にもつ作家として出発。55年神経を病む妻の故郷奄美大島に移住して『離脱』(60),『死の棘』(60),『日のちぢまり』(64)など生や愛の根源に迫る力作を書いた。ほかに『夢の中での日常』(48),『われ深きふちより』(55),『出発は遂に訪れず』(62)など。81年日本芸術院賞受賞。芸術院会員。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • カンヌ国際映画祭
  • 作家
  • 特攻
  • 生涯
  • 系列
  • しまおまほ
  • グランプリ
  • ドール
  • ネシア
  • パルム
  • ヤポ
  • 作品
  • 加計呂麻島
  • 奄美
  • 審査
  • 小栗
  • 島尾ミホ
  • 島尾伸三
  • 年譜
  • 幼少
  • 康平
  • 時代
  • 生活
  • 群島
  • 震洋
  • まま
  • テキスト
  • 体験
  • 写真家
  • 出撃
  • 出発
  • 十八
  • 卒業
  • 南島
  • 即時
  • 受賞
  • 号令
  • 命令
  • 大別
  • 大学
  • 家庭
  • 小説
  • 差異
  • 待機
  • 心因性
  • 戦争
  • 日常
  • 日記
  • 映画
  • 最高
  • 概念
  • 比重
  • 漫画家
  • 症状
  • 発動
  • 発進
  • 精神
  • 紀行文
  • 終戦
  • 経験
  • 考案
  • 記録性
  • 赴任
  • 超現実
  • 長男
  • 隊長