生年月日データベース

御法川修みのりかわおさむ

映画監督[日本]

1972年 4月2日 生 (満47歳)

御法川 修(みのりかわ おさむ、1972年4月2日 - )は、日本の映画監督。
静岡県下田市出身。
来歴・評価 1991年より助監督として従事。
崔洋一、村川透、原隆仁、渡邊孝好、古厩智之、中江裕司など、多くの監督のもとで経験を積む。
『エレファントソング』(1994年/利重剛監督)では助監督と共同脚本を兼任する。
(この作品は、ベルリン国際映画祭95・ヤングフォーラム部門に出品され、最優秀アジア映画賞に当たるNETPAC賞を受賞) 2006年、劇場用映画監督デビュー作となる『世界はときどき美しい』を発表。
第19回東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門に出品される。
2008年、ドキュメンタリー映画『色彩の記憶』を完成。
ゆふいん文化・記録映画祭「第一回 松川賞」に選出された他、2009年にフランスで開催されたKINOTAYO現代日本映画祭で芸術協会賞(Prix du comité artistique)を受賞。

映像作品

音楽作品

DMMメディア

日本の映画監督。(1972年4月2日〜) 静岡県下田市生まれ。高校卒業後に上京し、助監督として数々の現場に参加。 1994年、利重剛監督 『エレファントソング』 では助監督と共同脚本を担当。 2006年、劇場長編デビュー作 『世界はときどき美しい』 完成。第19回 東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門公式出品。 最新作は、『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』(2013)。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 評価
  • 映画
  • 監督
  • さわ子
  • すー
  • まい
  • テレビ
  • 下田市
  • 作品
  • 原隆仁
  • 孝好
  • 崔洋一
  • 村川透
  • 渡邊
  • 静岡県
  • おさむ
  • みのりかわ
  • 出身
  • 助監督
  • 従事
  • 御法川
  • 日本