生年月日データベース

島倉千代子しまくらちよこ

歌手[日本]

1938年 3月30日

2013年 11月8日 死去肝臓がん享年76歳
島倉千代子 - ウィキペディアより引用

島倉 千代子(しまくら ちよこ、1938年(昭和13年)3月30日 - 2013年(平成25年)11月8日)は、日本の演歌・歌謡曲歌手である。
出身は東京府東京市(現:東京都)品川区北品川、学歴は日本音楽高等学校卒業。
愛称は「お千代さん」。
デビュー以前 1938年、東京市品川区に警察官の父・島倉壽雄(としお)、母・ナカの二男四女の四女として生まれる。
1945年、7歳、長野松本市へ疎開。
井戸から水を運ぶ途中に転倒、水の入ったビンを割り、左手首からひじまでを損傷。
母・ナカが「女の子だから(腕を)残して欲しい」と医師に懇願し、切断は免れたが、感覚も無く、動かすこともできなくなる(後に不自由ながらも動かすことができるようになる)。
この時の輸血がのちに千代子が患ったC型肝炎の遠因となった。
気持ちの沈んだ千代子のために母・ナカは「リンゴの唄」を聞かせるようになる。
後に「この世の花」で歌手デビューを遂げた千代子だが、「この世の花」の作曲は「リンゴの唄」の作曲と同じく万城目正によるもの。

映像作品

関連書籍

音楽作品

日本の歌手。1938年生まれ、東京都出身。 54年第5回コロムビア歌謡コンクールに出場し「涙のグラス」を歌って優勝。日本コロムビア事務所の専属となる。55年に「この世の花」でデビュー。同曲が大ヒットとなり、人気歌手となる。以降も57年の「東京だョおっ母さん」、58年の「からたち日記」などヒット曲を続けて発表。89年の「人生いろいろ」は約130万枚を売り上げ、京浜急行電鉄青物横丁駅の電車接近メロディーにも採用された。 NHK紅白歌合戦には、57年の初出場以来、2004年まで35回出場した。これまでの歌手人生で歌った曲は1500曲以上にもなる。 1968年、75年日本レコード大賞特別賞、88年日本レコード大賞最優秀歌唱賞など受賞多数。また、「人生いろいろ」は87年日本レコード大賞作詞賞、87年日本作詩大賞を受賞した。その他、98年日本ジュエリーベストドレッサー賞、99年ベストジーニスト賞を受賞。99年には、秋の紫綬褒章を受章した。 63年、当時阪神タイガースに所属していたプロ野球選手、藤本勝巳と結婚するが、68年に離婚。その後も、知人の10億円以上の借金の肩代わり、闘病など、波乱の人生を送った。93年に乳がんで手術を受け、治療の後遺症で声が出なくなるが、根気よくトレーニングを続け復帰。しかし2010年には肝臓がんを発症し、入退院を繰り返し、13年11月8日に死去。享年75。 14年がデビュー60年の節目に当たるため、13年12月に新曲「からたちの小径」を発売。この曲は南こうせつ氏に作曲を依頼したもの。亡くなる3日前に島倉本人の求めにより、急きょ自宅スタジオで録音された。発売週に2万2千枚を売り上げ、12月30日付けのオリコン週 …… (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 出典
  • 番組
  • ウェブ
  • ラジオ
  • 信頼性
  • 各種
  • 場合
  • 媒体
  • 紙媒体
  • 紹介
  • 終了
  • 除去