生年月日データベース

芥川比呂志あくたがわひろし

俳優[日本]

1920年 3月30日

1981年 10月28日 死去享年62歳
芥川比呂志 - ウィキペディアより引用

芥川 比呂志(あくたがわ ひろし、1920年3月30日 - 1981年10月28日)は、日本の俳優、演出家。
東京府東京市滝野川区(現東京都北区)田端出身。
作家・芥川龍之介の長男。
母は海軍少佐の塚本善五郎の娘・文。
妻は、龍之介の次姉・ヒサの長女で、従姉にあたる芥川瑠璃子。
来歴・人物 名の由来は龍之介の親友・菊池寛(表記同じで筆名ではカン、本名ではヒロシと読む)の名の読みを万葉仮名に当てたもの。
3人兄弟で、次弟・多加志は第二次世界大戦中、22歳でビルマにて戦死、末弟・也寸志は作曲家。
ちなみに、多加志は小穴隆一の「隆」から、也寸志は恒藤恭の「恭」から取られている。
1926年、東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)に入学。
同級に宮澤喜一がいた。
1932年、同附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)に入学。
在学中からシングや岸田國士の戯曲を読み、15歳のとき『お察しください(A Comedy)』と題する戯曲を、附属中学の校友会誌「桐陰会雑誌」に発表。

映像作品

関連書籍

音楽作品

DMMメディア

あくたがわひろし [生]1920.3.30.東京[没]1981.10.28.東京俳優,演出家。芥川龍之介の長男で,作曲家也寸志は弟。慶應義塾大学仏文科卒業。加藤道夫とつくっていた「麦の会」から1948年文学座に参加,恵まれた容姿と知性で『ハムレット』の主演(1956)で成功。63年,岸田今日子らと文学座を脱退,福田恆存の指導のもとに劇団雲を結成。演出にも意欲をもち,『なよたけ』(55),『榎本武揚』(68)などを演出。75年に再び岸田らと「雲」を脱退して演劇集団円を創立するが,79年の泉鏡花作『夜叉ヶ池』の再演出が最後となった。ほかに,随筆『決められた以外のせりふ』(70)など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 東京
  • 東京都
  • 北区
  • テレビドラマ
  • ドラマ
  • ラジオ
  • 作品
  • 出演
  • 塚本善五郎
  • 映画
  • 海軍
  • 滝野川
  • 演出家
  • 田端
  • 翻訳
  • 舞台
  • 芥川瑠璃子
  • 芥川龍之介
  • 著作
  • ヒサ
  • 作家
  • 出身
  • 少佐
  • 従姉
  • 日本
  • 次姉
  • 芥川文
  • 長女
  • 長男
  • 龍之介