生年月日データベース

安藤勝己あんどうかつみ

競馬騎手[日本]

1960年 3月28日 生 (満58歳)

安藤勝己 - ウィキペディアより引用

安藤 勝己(あんどう かつみ、1960年3月28日 - )は日本の元騎手、現在は競馬評論家。
1976年に公営・笠松競馬場でデビュー。
1978年に初めて同場の最多勝利騎手となって以来、通算19回その地位に就き、「アンカツ」の愛称と共に全国的にその名を知られた。
1980年に日本中央競馬会(JRA)で初騎乗。
1990年代後半より中央へのスポット参戦が頻繁となり、2003年に正式に移籍。
以後JRA所属馬で数々のGI競走を制したほか、2007年、2009年にはJRA最高勝率騎手のタイトルを獲得した。
2013年に騎手を引退。
通算成績は20852戦4464勝(うちJRA6593戦1111勝、うちGI・JpnI競走22勝を含む重賞81勝。
地方通算14259戦3353勝、うちGI・JpnI競走6勝を含むダートグレード競走36勝)。
彼の中央移籍を契機として数々の地方競馬出身騎手がそのあとに続き、地方から中央への道筋を開いた先駆者と評される。
同じく笠松からJRA騎手となった安藤光彰は兄。
大井競馬所属騎手の安藤洋一は甥。
※本項ではほかの安藤姓の競馬関係者と区別するため、とくに断りのない限り安藤勝己を「勝己」と表記する。

映像作品

関連書籍

DMMメディア

日本中央競馬会(JRA)の元騎手。1960年3月28日、愛知県一宮市生まれ。161センチ、52キロ。76年、笠松競馬場で初騎乗。同年12月、同競馬場におけるジュニアグランプリで優勝、重賞(そのレースで最も注目される競争)での初勝利をあげた。78年に116勝をあげリーディングジョッキーとなり、地方競馬を中心に活躍を続け「東海のエース」と称された。2003年、中央競馬に移籍し、デビュー後60日というJRA新記録によりGI初制覇を果たす。同年は全国リーディング3位の成績を修め、中京競馬記者クラブ賞を受賞した。また、07年度と09年度には、JRA賞最高勝率騎手を受賞。勝負強さと憎めないキャラクター性により「アンカツ」の愛称で親しまれた。13年1月30日、引退を表明、騎手免許を返上した。JRAでの生涯記録は、6593戦出場1111勝、重賞レース81勝、うちGIは22勝で歴代3位。 (2013-2-4) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 騎手
  • 競走
  • 笠松競馬
  • デビュー
  • 中央
  • 地方
  • グレード
  • ダート
  • 勝率
  • 安藤光彰
  • 安藤洋一
  • 所属
  • 数々
  • 日本中央競馬会
  • 時代
  • 最高
  • 移籍
  • 競馬
  • 笠松競馬場
  • 第一人者
  • 通算
  • あと
  • アンカツ
  • オグリキャップ
  • ザン
  • スポット
  • タイトル
  • トノー
  • フェー
  • 以後
  • 先駆者
  • 出身
  • 勝利
  • 勝己
  • 区別
  • 参戦
  • 地位
  • 大井競馬
  • 大井競馬場
  • 契機
  • 安藤
  • 引退
  • 後半
  • 愛称
  • 成績
  • 最多
  • 本項
  • 正式
  • 獲得
  • 笠松
  • 道筋
  • 重賞
  • 関係者
  • 限り
  • 頻繁
  • 騎乗