生年月日データベース

石内都いしうちみやこ

写真家[日本]

1947年 3月27日 生 (満71歳)

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

いしうちみやこ(1947―) 写真家。群馬県新田(にった)郡生まれ。1970年(昭和45)多摩美術大学美術学部デザイン科染織デザイン専攻中退。1977年の「絶唱・横須賀ストーリー」や翌1978年の「アパートメント」などの個展で注目され、1979年木村伊兵衛写真賞受賞。1999年(平成11)には写真の会賞、東川(ひがしかわ)町国際写真フェスティバル国内作家賞受賞。海外での評価も高く、MoMA(ニューヨーク近代美術館)などに作品が収蔵される。ニューヨーク、グッゲンハイム美術館「戦後日本の前衛美術」展(1994)、フランクフルトのクンストフェライン(会員組織によって運営されている展示スペース)「Prospect'96」展(1996)、水戸芸術館「しなやかな共生」展、東京都現代美術館「時間/視線/記憶――90年代美術における写真表現」展(ともに1997)、国立国際美術館「芸術と環境エコロジーの視点から」展(1998)など、多くの国内外での国際展に招待されている。また、写真家楢橋(ならはし)朝子(1959―)とともに写真雑誌『main(マン)』(1996~)を創刊するなど、旺盛な活動を繰り広げている。1999年には東京国立近代美術館フィルムセンターで個展「モノクローム――時の器」展が開催された。20年以上におよぶ石内の作品は大別して二つの作品群に分けられる。一つは三部作である写真集『アパートメント』(1978)、『絶唱・横須賀ストーリー』(1979)、『連夜の街』(1981)までの初期の作品群。もう一つは1990年に発表した『1・9・4・7』、舞踏家大野一雄を撮った『1906totheskin』(1994)や詩人の伊藤比呂美(ひろみ)(1955―)を撮った『手・足・肉・体』、男性の身体を接写 …… (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 写真
  • 受賞
  • 日本
  • グッゲンハイム
  • デザイン科
  • ハッセルブラッド
  • ビエンナーレ
  • ヴェネツィア
  • 作家
  • 協会
  • 博司
  • 原爆
  • 国際
  • 多摩美術大学
  • 学校
  • 市立
  • 広島
  • 木村伊兵衛
  • 杉本
  • 東川
  • 染織
  • 横須賀
  • 横須賀市
  • 毎日
  • 濱谷
  • 皮膚
  • 紫綬
  • 美術館
  • 芸術
  • 衣類
  • 褒章
  • 高等
  • アパート
  • テーマ
  • 中退
  • 代表
  • 代表作
  • 個展
  • 入学
  • 前衛
  • 卒業
  • 受章
  • 国内
  • 大学
  • 専攻
  • 戦後
  • 招待
  • 日本人
  • 時間
  • 美術
  • 被爆
  • 開催