生年月日データベース

高峰秀子たかみねひでこ

女優[日本]

1924年 3月27日

2010年 12月28日 死去肺がん享年87歳
高峰秀子 - ウィキペディアより引用

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

たかみねひでこ [生]1924.3.27.北海道,函館[没]2010.12.28.東京映画女優。本名松山秀子。1929年松竹鎌田撮影所に入所,野村芳亭監督の『母』でデビューし,天才子役と呼ばれた。1937年PCL(東宝の前身)に転じ,山本嘉次郎監督の『綴方教室』(1938),『馬』(1941)で人気スターとなる。第2次世界大戦後は木下恵介監督,成瀬巳喜男監督らの日本映画を代表する作品に出演した。代表作に,日本初の本格的色彩映画『カルメン故郷に帰る』(1951),島の分校の女性教師を演じた『二十四の瞳』(1954),煩悶しながら敗戦後の日本をさまよう知的な女性を演じた『浮雲』(1955),灯台守の妻を演じた『喜びも悲しみも幾歳月』(1957),夫松山善三の初監督作『名もなく貧しく美しく』(1961),『華岡青洲の妻』(1967)など。1979年に『衝動殺人息子よ』を最後に映画界を引退し,文筆業に生きた。エッセー『わたしの渡世日記』(1976)で日本エッセイスト・クラブ賞受賞。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 子役
  • 映画
  • 女優
  • 東宝
  • エッセイスト
  • 出演
  • 監督
  • カルメン
  • シャーリー
  • テンプル
  • ハリウッド
  • 二十四
  • 五所平之助
  • 作品
  • 四郎
  • 天才
  • 小津安二郎
  • 惠介
  • 成瀬巳喜男
  • 撮影所
  • 故郷
  • 日本
  • 昭和
  • 木下
  • 松山善三
  • 松竹
  • 歌手
  • 活躍
  • 浮雲
  • 稲垣浩
  • 自伝
  • 蒲田
  • 豊田
  • ひでこ
  • ひらやま
  • まつやま
  • わたし
  • スター
  • デコ
  • デビュー
  • フリー
  • 俳優
  • 半世紀
  • 名作
  • 大人
  • 巨匠
  • 常連
  • 平山
  • 引退
  • 愛称
  • 成長
  • 戦前
  • 戦後
  • 日記
  • 旧姓
  • 本名
  • 松山
  • 比較
  • 活動
  • 渡世
  • 秀子
  • 著書