生年月日データベース

沢松奈生子さわまつなおこ

プロテニス選手[日本]

1973年 3月23日 生 (満46歳)

沢松 奈生子(さわまつ なおこ, 1973年3月23日 - )は、兵庫県西宮市出身の元女子プロテニス選手。
夙川学院高等学校、神戸松蔭女子学院大学卒業。
シングルス自己最高ランキングは14位。
WTAツアーでシングルス4勝を挙げた。
2学年上のライバルクルム伊達公子と並んで、日本女子テニス界の黄金時代を築いた名選手のひとりである。
1995年全豪オープンでベスト8進出を果たした。
1975年のウィンブルドン女子ダブルスで、日本人女性初のテニス4大大会優勝を果たした沢松和子は、彼女の叔母に当たる。
実弟の沢松登も同志社国際高等学校テニス部、同志社大学体育会テニス部を経て、東レに入社、実業団テニス部にて活躍している。
選手経歴 沢松は曽祖父からのテニス一家に生まれ育った。
母親の沢松順子は、妹の和子とペアを組んで1970年ウィンブルドン女子ダブルスのベスト8に入ったことがある。
父親の沢松忠幸は、和子と一緒に1974年ウィンブルドンの混合ダブルスを戦った経験があり、“両親ともウィンブルドン出場経験あり”の家族だった。

関連書籍

さわまつ-なおこ 1973-昭和後期-平成時代のテニス選手。昭和48年3月23日生まれ。沢松和子の姪(めい)。昭和63年15歳で全日本チャンピオン。平成3年プロに転向。ストロークを武器に,ウィンブルドンに9年連続出場するなどグランドスラム大会に34回出場。7年全豪オープンでベスト8。伊達公子(きみこ)とともに日本の女子テニスをリードした。世界ランキング自己最高は14位。10年引退。兵庫県出身。松蔭女子学院大卒。本名は丹羽奈生子。 (引用元 コトバンク)