生年月日データベース

北大路魯山人きたおおじろさんじん

篆刻家、画家陶芸家書家、漆芸家、美食家[日本]

1883年 3月23日

1959年 12月21日 死去肝硬変享年77歳
北大路魯山人 - ウィキペディアより引用

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

陶芸家・篆刻家・料理研究家・書家・画家。京都生。名は房次郎、魯山人は号。日本画家を志してその費用を書・篆刻で得、やがてそれを本業とする。大正8年大雅堂美術店を開き、10年に美食倶楽部を、14年には星岡茶寮を営み、料理に適した食器を求めて昭和の初めから作陶を試みる。昭和11年以降は陶芸に専心。多種の技法に通じ、様々な古陶を再現しつつ自由な作風を示した。昭和34年(1959)歿、76才。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 関連
  • エッセイ
  • オリジナル
  • 交流
  • 伝記
  • 再編集
  • 写真
  • 回顧
  • 図版
  • 影響
  • 料理家
  • 書道家
  • 漆芸家
  • 画家
  • 研究書
  • 篆刻
  • 美食家
  • 芸術家
  • 著作
  • 陶芸家
  • きたおおじ
  • ふさじろう
  • 北大路
  • 房次郎
  • 晩年
  • 本名
  • 様々