生年月日データベース

小野田寛郎おのだひろお

陸軍少尉[日本]

(終戦29年目に日本に帰国)

1922年 3月19日

2014年 1月16日 死去肺炎享年93歳
小野田寛郎 - ウィキペディアより引用

関連書籍

音楽作品

DMMメディア

  • 小野田寛郎は29年間、ルバング島で何をしていたのか 「帝国陸軍最後の軍人」が守り通した秘密
  • 日本の未来を託す!
  • 「靖国」のことを語ろう
  • ルバング島戦後30年の戦いと靖国神社への思い
  • 魚は水 人は人の中 今だからこそ伝えたい師小野田寛郎のことば
  • だから日本人よ、靖国へ行こう
  • 小野田寛郎の終わらない戦い
  • 君たち、どうする?
  • 私は戦友になれたかしら 小野田寛郎とブラジルに命をかけた30年
  • 小野田寛郎 わがルバン島の30年戦争
  • キャメル/キャメル・オン・ザ・ロード 1981(紙ジャケット仕様)
  • キャメル/ヌード〜MR.Oの帰還

おのだひろお [生]1922.3.19.和歌山,亀川[没]2014.1.16.東京元陸軍軍人。1944年陸軍の中野学校二俣分校を卒業,同1944年フィリピンに派遣され,遊撃戦指導のためルバング島に渡った。翌1945年8月の第2次世界大戦の終戦後に任務解除の命令が届かなかったため,降伏命令のびらを敵の謀略と考えて島内に潜行し続けた。1974年日本人青年と遭遇,投降を説得されるが,直属上官の命令がないことを理由に拒否。かつての上官が現地に赴いて任務解除命令をくだし,30年ぶりに日本に帰還した。その生還は平和と高度経済成長に慣れきった日本人に大きな衝撃を与えた。しかし,時代の隔絶による価値観の激変は大きく,マスコミ攻勢にも嫌気が差して1975年ブラジルに移住,牧場を経営する。また1989年福島県に小野田自然塾を設立,野外活動を通して青少年の育成を目指した。2004年ブラジルのサントス=デュモン勲章を,2005年藍綬褒章を受章。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 日本
  • 陸軍
  • 帰国
  • 予備
  • 学校
  • ゲリラ
  • フィリピン
  • ルバング
  • 世界
  • 二俣
  • 分校
  • 士官
  • 大戦
  • 太平洋
  • 実業家
  • 少尉
  • 戦争
  • 敗戦
  • 海南
  • 軍人
  • 軍歴
  • 陸軍中野学校
  • 階級
  • インテリジェンス
  • ミリタリー
  • 中学校
  • 久留米
  • 予備役
  • 呼称
  • 和歌山
  • 大日本
  • 将校
  • 展開
  • 帝国
  • 帰還
  • 従軍
  • 旧制
  • 最終
  • 県立
  • 終結
  • 軍隊
  • 遊撃
  • 高等