生年月日データベース

福永武彦ふくながたけひこ

作家、フランス文学者[日本]

1918年 3月19日

1979年 8月13日 死去享年62歳
福永武彦 - ウィキペディアより引用

■ 映像作品

■ 関連書籍

ふくながたけひこ [生]1918.3.19.福岡,二日市[没]1979.8.13.長野,臼田詩人,小説家。第一高等学校を経て1941年東京大学仏文科卒業。42年加藤周一,中村真一郎らと文学グループ「マチネ・ポエティク」を結成,加藤,中村との共著『1946文学的考察』(1947)や,『マチネ・ポエティク詩集』(48)で注目され,短編集『塔』(48)を経て長編『風土』(省略版52,完全版57)や『草の花』(54)の成功で作家としての地位を確立。『冥府』(54)以下の「夜の三部作」や『廃市』(60)などで生と死,愛の喪失と不毛などの主題を描いたが,それらの傷ついた人間の心象を描く手法は『死の島』(66~71)に一つの到達を示している。なお,加田伶太郎の筆名で推理小説も書いた。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 日本
  • 福永
  • アナグラム
  • トヨ
  • フランス
  • 三井
  • 伝道師
  • 作品
  • 共著
  • 小説家
  • 愛好
  • 文学者
  • 映画
  • 末次郎
  • 東京
  • 筑紫野市
  • 翻訳
  • 聖公会
  • 著書
  • 詩人
  • 銀行
  • 開成
  • 中学
  • 中学校
  • 二日市
  • 二日市町
  • 佐世保市
  • 前年
  • 卒業
  • 大学
  • 学校
  • 学生
  • 就職
  • 帝国
  • 文彦
  • 東京大学
  • 東大
  • 横浜市
  • 死去
  • 産褥
  • 産褥熱
  • 福岡市
  • 福岡県
  • 筑紫郡
  • 翌月
  • 転勤
  • 転居
  • 長男
  • 高等