生年月日データベース

竹下佳江たけしたよしえ

バレーボール選手[日本]

1978年 3月18日 生 (満41歳)

竹下佳江 - ウィキペディアより引用

竹下 佳江(たけした よしえ、1978年3月18日 - )は、日本の元女子プロバレーボール選手。
ニックネームはテン。
プレミアリーグ・JTマーヴェラスに所属していた。
現在の本名は江草 佳江(えぐさ よしえ)で、夫はプロ野球・広島東洋カープ投手の江草仁貴。
マネジメント契約先はスポーツビズ。
福岡県北九州市門司区出身。
3歳年の離れた姉の影響で小学校3年生よりバレーを始める。
高校時代はチームでの全国大会の経験はないが、1995年、世界ユース選手権に出場し優勝を経験した。
1996年、NECレッドロケッツに入団。
1997年、全日本代表初選出。
同年開催のワールドグランドチャンピオンズカップでは、正セッターの大貫美奈子の控えとして出場した。
その後しばらく全日本代表から遠ざかったが、1999/2000Vリーグでは正セッターとしてNECの全勝優勝に貢献し、2000年の全日本代表に招集される。
当時は大貫のセッター転向が頓挫し、1999年ワールドカップで正セッターを務めた板橋恵も不調だった為、葛和伸元監督は竹下を正セッターに抜擢してシドニーオリンピック世界最終予選に臨んだ。

映像作品

関連書籍

たけした-よしえ 1978-平成時代の女子バレーボール選手。昭和53年3月18日生まれ。ポジションはセッター,身長159cm。平成8年NECレッドロケッツに入団。翌年全日本代表。14年NECを退社して一時バレーボールから離れる。同年JTマーヴェラスに入り,前年V1リーグ(現・チャレンジリーグ)に陥落していた同チームをVリーグ(現・プレミアリーグ)昇格にみちびいた。16年アテネ五輪(5位)出場。17年全日本代表キャプテンとなり,18年の世界選手権(6位)ではMVPに選ばれた。20年長期活躍選手としてVリーグ栄誉賞を受賞。同年北京五輪に出場し5位入賞をはたす。22年世界選手権に出場し銅メダル。23年ワールドカップ・ベストセッター賞。24年プロ野球選手・江草仁貴と結婚。同年ロンドン五輪に出場し,五輪で日本女子バレー28年ぶりのメダルとなる銅メダルを獲得。25年日本バレーボール協会理事。福岡県出身。不知火女子高(現・誠修高)卒。 (引用元 コトバンク)