生年月日データベース

若乃花幹士わかのはなかんじ

相撲力士・初代、第45代横綱[日本]

1928年 3月16日

2010年 9月1日 死去享年83歳

若乃花、若ノ花(わかのはな)は大相撲力士の四股名。
若乃花幹士 (初代) - 第45代横綱。
栃錦清隆とともに「栃若時代」を築いた。
若乃花幹士 (2代) - 第56代横綱。
初代の弟子。
花田虎上(若乃花勝) - 第66代横綱。
初代の甥で孫弟子。
貴ノ花利彰の長男で弟子。
貴乃花光司の兄。
なお、一般には歴代若ノ花(若乃花)には含まれないが、この四股名は大ノ海久光(11代花籠)が幕下時代まで若ノ花を名乗ったことに由来する。
そのため大ノ海の弟子である花田勝治は「師匠が初代で儂は2代目」と言っている(片仮名のノではなく漢字の乃に限定すれば花田勝治が初代になる)。

関連書籍

DMM音楽作品

わかのはなかんじ [生]1928.3.16.青森,弘前[没]2010.9.1.東京,新宿第45代横綱。本名花田勝治。1946年11月に初土俵を踏み,1950年1月に新入幕。軽量ながら強靭な足腰でがっぷりと組むとびくともしなかった。正攻法の四つ相撲を通し,左四つの右上手投げ,右四つの豪快な呼び戻しはファンを熱狂させ,「土俵の鬼」の異名をとった。1958年1月場所後に横綱に昇進,ライバルの横綱栃錦(→栃錦清隆)とともに「栃若時代」を築いた。1962年5月引退,優勝10回のうち全勝1回。花籠部屋から独立して二子山部屋を創設し,2代目若乃花,隆の里の2横綱,実弟の貴ノ花,若嶋津の2大関ら多くの関取を育てた。貴ノ花の息子である3代目若乃花,貴乃花の兄弟横綱の伯父。1988年春日野清隆理事長の勇退をうけて日本相撲協会理事長に就任,1992年に勇退して相談役となる。1993年二子山部屋と藤島部屋とを合併し,年寄名も兄弟で交換した。1993年3月に相撲協会を定年退職したのち相撲博物館館長に就任,1996年まで務めた。 (引用元 コトバンク)

「若乃花幹士」と関連する人物

連想語句
  • 花籠
  • 初代
  • 所属
  • 二子山
  • 二所ノ関
  • 弟子
  • 横綱
  • 勝治
  • 大ノ海久光
  • 幕下
  • 時代
  • 栃錦清隆
  • 漢字
  • 片仮名
  • 花田
  • 花田虎上
  • 若ノ花
  • 若乃花
  • 貴ノ花利彰
  • 貴乃花光司
  • 一般
  • 四股名
  • 大ノ海
  • 孫弟子
  • 師匠
  • 歴代
  • 生涯
  • 由来
  • 長男
  • 限定