生年月日データベース

大日方傳おびなたでん

俳優映画監督[日本]

1907年 3月16日

1980年 8月21日 死去享年74歳
大日方傳 - 俳優、映画監督

大日方 傳(おびなたでん、明治40年(1907年)3月16日 – 昭和55年(1980年)8月21日)は日本の映画俳優。
常用漢字では「大日方 伝」と表記する。
生い立ち 福岡県小倉市の地元の裕福な名家に生まれる。
中学校卒業後に家族で東京府に移り、東京府立園芸高校を卒業後、東洋大学へ進む。
映画スタアとなる 昭和5年(1930年)、大学卒業後に日活の専属俳優として『至誠の輝き』で銀幕デビュー。
デビュー後に日活で数作に出演した後、松竹(松竹蒲田)へ移籍し同社の専属俳優となる。
昭和8年(1933年)、松竹への移籍当初から『伊豆の踊子』(五所平之助監督)や『出来ごころ』(小津安二郎監督)などのサイレント作品で主演を務めるなど、同社の若手スターとしての地位を確立した。
なお、川端康成の小説を原作とした『伊豆の踊子』は、大日方が主演を務めた第1作以降、第二次世界大戦後にかけて5作のリメイク版が作られるなど人気の作品となった。

映像作品

連想語句
  • 作品
  • 監督
  • 製作
  • アメリカ
  • エピソード
  • スタア
  • デビュー
  • ブラジル
  • 俳優
  • 共演者
  • 常用
  • 戦中
  • 映画
  • 漢字
  • 移民
  • 進出
  • 関連
  • 出演
  • 出演作
  • 大日方