生年月日データベース

渋沢栄一しぶさわえいいち

幕臣、実業家、子爵[日本]

(日本資本主義の父、天保11年2月13日生)

1840年 3月16日

1931年 11月11日 死去享年92歳
渋沢栄一 - ウィキペディアより引用

映像作品

関連書籍

音楽作品

DMMメディア

  • 富と幸せを生む知恵 ドラッカーも心酔した名実業家の信条「青淵百話」
  • 渋沢栄一日本の経営哲学を確立した男
  • 渋沢栄一と「フィランソロピー」 2
  • 渋沢栄一人生を創る言葉50
  • 太平洋にかける橋 渋沢栄一の生涯 復刻版
  • 渋沢栄一社会企業家の先駆者 英文版
  • 論語と算盤 モラルと起業家精神
  • 孔子 人間、どこまで大きくなれるか 新装新版
  • 渋沢栄一と「フィランソロピー」 1
  • 渋沢栄一 日本近代の扉を開いた財界リーダー
  • 渋沢栄一と近代中国
  • 渋沢栄一と中国 一九一四年の中国訪問
  • 論語と算盤 下
  • 論語と算盤 上
  • 渋沢栄一100の言葉 日本人に贈る混迷の時代を生き抜く心得
  • 渋沢栄一とフランクリン 2人の偉人に学ぶビジネスと人生の成功法則
  • 日本の歴史的演説〜政治家・大正時代編〜

澀澤榮一。 第一銀行などの創設者、渋沢敬三の祖父。 天保11年(1840年)、現在の深谷市血洗島(ちあらいじま)の農家に生まれた。尊皇攘夷運動に加わわるも、後に一橋家および幕府に仕え、慶応3年(1867年)、第15代将軍徳川慶喜の名代徳川昭武に随行して渡欧。約1年滞在し、ヨーロッパの進んだ思想・文化・社会に大きな影響を受けたと言われる。 明治元年11月(1868年)に帰国した後、大隈重信の説得により明治新政府の大蔵省に仕え、財政の整備に当ったが、大久保利通らと財政運営で意見が合わず辞職。以後は一般社会で実業界の最高指導者として活躍した。「論語」の精神を重んじ「道徳経済合一説」(どうとくけいざいごういつせつ)を唱え、各種産業の育成と多くの近代企業の確立に努め、第一国立銀行創立をはじめ設立に関わった企業は500余に及んだ。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 実業家
  • 幕臣
  • 活動
  • 日本
  • エピソード
  • 出仕
  • 勲一等
  • 合一
  • 国立
  • 大正
  • 大蔵省
  • 天譴
  • 子爵
  • 官僚
  • 家臣
  • 幕末
  • 徳川慶喜
  • 政治
  • 時代
  • 東京証券取引所
  • 武士
  • 江戸時代
  • 社会
  • 経済
  • 道徳
  • 銀行
  • 雅号
  • せいえん
  • 主義
  • 企業
  • 初期
  • 多種多様
  • 末期
  • 経営
  • 設立
  • 資本
  • 青淵