生年月日データベース

ゲオルク・オームGeorg Simon Ohm

物理学者[ドイツ]

1789年 3月16日

1854年 7月6日 死去享年66歳
ゲオルク・オーム - ウィキペディアより引用

ゲオルク・ジーモン・オーム(Georg Simon Ohm, 1789年3月16日 - 1854年7月6日)は、ドイツの物理学者。
高校教師として働いていたが、当時アレッサンドロ・ボルタが発明したボルタ電池について研究を行った。
独自に装置を製作し、導体にかかる電位差とそこに流れる電流には正比例の関係があるというオームの法則を発見した。
これにより、電圧と電流と電気抵抗の基本的な関係が定義され、電気回路解析という分野が本当の意味で始まった。
生涯 生い立ち バイロイト侯領のエアランゲンで、錠前師の父と仕立て屋の娘だった母の間に生まれた。
一家はプロテスタントだった。
両親は正式な教育を受けていなかったが、父は独学でかなり高度な知識を身につけており、息子にも自分が教師となって教えた。
オームの兄弟は幼いころに何人か死んでおり、大人に成長したのは3人だけだった。
その生き残った1人がゲオルクであり、弟のマルティンも後に数学者として名をなした。
母はオームが10歳のときに亡くなった。
幼いころ、ゲオルクとマルティンは父から数学、物理学、化学、哲学の教育を受けた。

連想語句
  • オーム
  • 法則
  • ボルタ
  • 時代
  • 電気
  • 電流
  • 教師
  • 発見
  • アレッサンドロ
  • 出典
  • 出版物
  • 回路
  • 大学
  • 学者
  • 抵抗
  • 物理
  • 生涯
  • 著作
  • 関係
  • 関連
  • 電圧
  • 電池
  • 音響
  • これ
  • そこ
  • ドイツ
  • 分野
  • 定義
  • 導体
  • 当時
  • 意味
  • 本当
  • 正比例
  • 発明
  • 装置
  • 製作
  • 解析
  • 電位差
  • 高校