生年月日データベース

高村正彦こうむらまさひこ

政治家[日本]

1942年 3月15日 生 (満77歳)

高村 正彦(こうむら まさひこ、1942年3月15日 - )は、日本の政治家、弁護士(登録番号:10863)。
自由民主党所属の衆議院議員(12期)、自民党副総裁(第13代)。
経済企画庁長官(第50代)、法務大臣(第70・71代)、防衛大臣(第3代)、外務大臣(第126・140代)、衆議院農林水産委員長、番町政策研究所会長(第3代)を歴任した。
徳山市長、衆議院議員を務めた高村坂彦の四男。
山口県徳山市(現周南市)出身。
父・高村坂彦の衆議院議員初当選を機に東京都へ移る。
東京都立立川高等学校、中央大学法学部法律学科卒業。
23歳で司法試験に合格。
司法修習第20期を修了し、弁護士登録。
同期に江田五月(元参議院議長・法務大臣・科学技術庁長官)、横路孝弘(元衆議院議長)、神崎武法(元公明党代表、郵政大臣)、村井敏邦、五十嵐敬喜がいる。
政界へ 1980年、父・高村坂彦の引退に伴い、第36回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で旧山口2区から出馬し、初当選。

関連書籍

DMMメディア

こうむら-まさひこ 1942-昭和後期-平成時代の政治家。昭和17年3月15日生まれ。元徳山市長・衆議院議員高村坂彦の4男。昭和43年弁護士登録。55年衆議院議員に初当選(当選12回,自民党)。大蔵政務次官などをへて,平成6年村山内閣の経済企画庁長官で初入閣。以後,小渕内閣の外相,第2次森改造内閣の法相,安倍改造内閣の防衛相,福田康夫内閣の外相をつとめる。12年高村派(番町政策研究所)会長。24年自民党副総裁。山口県出身。中央大卒。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 議員
  • 大臣
  • 衆議院
  • 会長
  • 連盟
  • 日本
  • 内閣
  • 政策
  • 自民党
  • たばこ
  • 公益
  • 外務
  • 徳山市
  • 担当
  • 改造
  • 森内閣
  • 正大
  • 武道館
  • 水産
  • 法人
  • 法務
  • 番町
  • 研究所
  • 総裁
  • 財団
  • 農林
  • 防衛
  • 高村
  • 高村坂彦
  • 中央
  • 内閣府
  • 再編
  • 友好
  • 四男
  • 国会議員
  • 委員会
  • 委員長
  • 安倍
  • 小渕内閣
  • 少林寺拳法
  • 息子
  • 振興
  • 日中
  • 村山
  • 武道
  • 歴任
  • 特命
  • 特高
  • 省庁
  • 福田康夫
  • 経済
  • 経済企画庁
  • 自由民主党
  • 課長
  • 警察
  • 財政
  • 長官
  • 顧問