生年月日データベース

山村正夫やまむらまさお

推理小説作家[日本]

1931年 3月15日

1999年 11月19日 死去多臓器不全享年69歳

山村 正夫(やまむら まさお、1931年3月15日 - 1999年11月19日)は日本のミステリー作家。
大阪府生まれ。
名古屋市出身。
名古屋市立東白壁尋常小学校入学と同時に、毎日作文を一篇書く英才教育を母親に受けノート10冊くらいになる。
2年の時、父親のNHK職員の仕事のため東京へ転居する。
大井第一小学校で作文が高い評価を受け、少年倶楽部懸賞に応募し何回か入選する。
東京都立多摩中学校。
1944年春、高知県高岡郡新居村へ軍事疎開し、高知県立海南中学校へ転校する。
中学2年の時、猛暑での過酷な軍事訓練で体を壊し、1年間休学する。
この間、友人となった家の、世界文学全集、大衆文学全集、江戸川乱歩全集、探偵小説全集などを読みふける。
この頃、習作の怪奇幻想的な小説小編を書きつづり、冒険小説『骸骨島』の原稿用紙をまとめた冊子を作る。
敗戦後に、休学を特例取消しで東京へ戻り復学する。
東京都の居住制限により、愛知県名古屋市へ移転し、愛知県立第一中学校に転校し、友人と同人誌「玩具」を発行する。

推理作家。1931年大阪府生まれ。名古屋外語専門学校卒業後、文学座の演出助手などを経て、作家となる。著書に「湯殿山麓呪い村」「裂けた背景」など多数。 また、長期間に渡り、「青山大学推理小説研究会顧問」「講談社フェーマススクール講師」「小説教室“山村教室”主催者」と若手作家の育成に尽力し、菊地秀行、宮部みゆき、篠田節子、鈴木輝一郎等を輩出した。 1999年11月19日死去。 (引用元 Hatena Keyword)