生年月日データベース

福島菊次郎ふくしまきくじろう

写真家ジャーナリスト[日本]

1921年 3月15日

2015年 9月24日 死去脳梗塞享年95歳

福島 菊次郎(ふくしま きくじろう、1921年3月15日 - 2015年9月24日)は、日本の写真家、ジャーナリスト、ノンフィクション作家。
山口県下松市に、網元の四男として生まれる。
1944年春に出征し、広島西部第10部隊に配属され、弾薬や物資を馬で運搬する任務に就くが、訓練中に馬に蹴られて骨折し、除隊となる(同部隊は福島の入院中に船で沖縄へ向かったが、魚雷に撃沈された)。
1945年春に再召集。
部隊が本土決戦の際に爆雷を背負って戦車に飛び込むよう命を受け、7月31日から日南海岸の砂浜に掘った穴の中に身を潜め、8月15日の終戦を迎えた。
同月末に復員し、時計店を開いて時計修理や写真現像の仕事を始める。
同年暮れに結婚。
戦後、民生委員などの社会事業を通じて作家活動をはじめ、広島市に投下された原爆の被災者の10年におよぶ困窮生活を活写した作品『ピカドン ある原爆被災者の記録』が、日本写真評論家協会賞特別賞を受賞(1960年)。

映像作品

関連書籍

1921年3月15日〜2015年9月24日 日本の写真家。ジャーナリスト。ノンフィクション作家。山口県出身。 原爆、政治・軍事問題、学生運動、公害・福祉問題などの分野を取材活動していた。 (引用元 Hatena Keyword)

「福島菊次郎」と関連する人物

連想語句
  • 関連
  • 写真
  • ジャーナリスト
  • ノンフィクション
  • 下松市
  • 作家
  • 公刊
  • 山口県
  • 日南
  • 映画
  • 書籍
  • 本土
  • 決戦
  • 海岸
  • 著書
  • 著述
  • 部隊
  • 仕事
  • 任務
  • 修理
  • 入院
  • 出征
  • 召集
  • 同年
  • 同月末
  • 同部隊
  • 四男
  • 広島
  • 弾薬
  • 復員
  • 戦車
  • 撃沈
  • 時計
  • 時計店
  • 暮れ
  • 沖縄
  • 爆雷
  • 物資
  • 現像
  • 砂浜
  • 福島
  • 終戦
  • 結婚
  • 網元
  • 西部
  • 訓練
  • 運搬
  • 配属
  • 除隊
  • 骨折
  • 魚雷