生年月日データベース

エミール・アドルフ・フォン・ベーリングEmil Adolf von Behring

細菌学者[ドイツ]

1854年 3月15日

1917年 3月31日 死去享年64歳
エミール・アドルフ・フォン・ベーリング - ウィキペディアより引用

エミール・アドルフ・フォン・ベーリング(Emil Adolf von Behring, 1854年3月15日 - 1917年3月31日)はドイツの医学者・実業家。
1901年に「ジフテリアに対する血清療法の研究」で第一回ノーベル生理学・医学賞を受賞(後述)。
1854年、西プロシアのハンスドルフ Hansdorf(現ポーランド・ヤントカヴェ Jantkawe)に生まれる。
生家が大変貧しかったため学費の要らない陸軍医科専門学校に進学し、軍医として陸軍医務局所属。
創傷に対し有効な殺菌薬はないか検討の上実地で試し、ヨードホルムの殺菌性を発見。
これにより医務局は評価を高め研究者として、薬理学者ピングの元に送られた。
その後、軍を辞めベルリン衛生試験所に移り、ローベルト・コッホの助手として衛生学を学ぶ。
1884年に、フリードリヒ・レフラーがジフテリア菌の純粋培養に成功。
当時ジフテリアは、感染すると死亡率40%にもなり、一刻も早い治療方法の確立が望まれていた。
当初、薬物で殺菌を試みたが思うような効果をあげられなかった。
感染しても死に至らないものもいる為、血液中には殺菌を行う化学物質があり、それらをコッホの4原則に基づき、純粋培養し感受性宿主へ接種できないかと転換した。

連想語句
  • ノーベル
  • 医学
  • 生理学
  • ドルフ
  • ハンス
  • プロシア
  • ベーリング
  • ポーランド
  • 創傷
  • 北里
  • 北里柴三郎
  • 医学者
  • 実業家
  • 影響
  • 殺菌
  • 没後
  • 西
  • 軍医
  • 関連
  • 陸軍
  • ジフテリア
  • ヤントカヴェ
  • 医務
  • 医科
  • 受賞
  • 学校
  • 学費
  • 専門
  • 後述
  • 所属
  • 有効
  • 生家
  • 療法
  • 血清
  • 進学