生年月日データベース

大平正芳おおひらまさよし

政治家内閣総理大臣[日本]

1910年 3月12日

1980年 6月12日 死去心筋梗塞享年71歳
大平正芳 - ウィキペディアより引用

関連書籍

DMMメディア

  • 大平正芳秘書官日記
  • 21世紀を創る 大平正芳の政治的遺産を継いで
  • 祖父大平正芳
  • 大平正芳 理念と外交
  • 大平正芳の大復活 クリスチャン総理の緊急メッセージ
  • 茜色の空 哲人政治家・大平正芳の生涯
  • 大平正芳全著作集 7
  • 大平正芳全著作集 6
  • 大平正芳全著作集 5
  • 大平正芳全著作集 4
  • 日中国交正常化 田中角栄、大平正芳、官僚たちの挑戦
  • 大平正芳全著作集 3
  • 大平正芳からいま学ぶこと 大平正芳生誕100周年記念 日中関係、教育と人材育成連携の時代 北京外国語大学北京日本学研究センター 桜美林大学北東アジア総合研究所連携
  • 大平正芳全著作集 2
  • 大平正芳全著作集 1
  • 心の一灯 回想の大平正芳その人と外交
  • 立川談志/ひとり会落語CD全集(3)

おおひらまさよし [生]1910.3.12.香川,豊浜[没]1980.6.12.東京,世田谷政治家。1936年,東京商科大学を卒業,大蔵省に入省。1949年,池田勇人大蔵大臣秘書官となり,1952年衆議院議員に当選。以来連続11回当選。宮沢喜一,黒金泰美とともに,池田勇人の「秘書官グループ」と呼ばれ,1960年池田内閣の官房長官となった。「寛容と忍耐」「所得倍増」の池田政治を演出,岸信介強権政治から池田柔軟路線への転換を果たした。1962年外務大臣。佐藤栄作内閣で党政務調査会会長,通産大臣を歴任。1972年佐藤退陣後の総裁選挙に田中角栄,福田赳夫,大平,三木武夫の4人が出馬,福田と田中の決選投票となり,田中を支持。田中内閣の外相に就任,日中国交回復を実現した(日中共同声明)。1974年蔵相となり,三木内閣でも引き続き蔵相を務めた。1976年秋,福田と連携して三木を退陣に追い込み,同12月福田内閣の党幹事長に就任。1978年11月の自由民主党の総裁選挙で現職の福田を破って第9代総裁となり,同12月第68代内閣総理大臣の座についた。1979年9月衆議院を解散したが,翌10月の衆議院選挙で安定多数獲得に失敗。党内反主流派から引責退陣を迫られたが応ぜず,第2次大平内閣を発足させた。1980年5月,内閣不信任案可決で再び衆議院を解散して衆参同日選挙となったが,そのさなかに心臓病で急死した。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 内閣
  • 大臣
  • 日本
  • 池田
  • ハプニング
  • 三角
  • 位階
  • 四十
  • 回復
  • 国交
  • 外務
  • 大勲位
  • 大福
  • 大綬章
  • 大蔵
  • 宏池会
  • 官僚
  • 官房
  • 抗争
  • 改造
  • 政治家
  • 日中
  • 池田勇人
  • 産業
  • 田中
  • 田中角栄
  • 秘書官
  • 菊花
  • 衆議院
  • 角栄
  • 解散
  • 議員
  • 通商
  • 長官
  • まま
  • アー
  • ウー
  • 一角
  • 会長
  • 佐藤
  • 受勲
  • 在任
  • 外相
  • 大蔵省
  • 宰相
  • 政界
  • 死去
  • 消耗
  • 異名
  • 讃岐
  • 財務
  • 貢献
  • 進出
  • 選挙
  • 首相