生年月日データベース

石牟礼道子いしむれみちこ

作家[日本]

(「苦海浄土 わが水俣病」などの著書で知られる)

1927年 3月11日

2018年 2月10日 死去享年92歳
石牟礼道子 - ウィキペディアより引用

関連書籍

DMMメディア

  • ふたり 皇后美智子と石牟礼道子
  • 新作能「沖宮」イメージブック 魂の花-緋の舟にのせて
  • 遺言 対談と往復書簡
  • 死を想う われらも終には仏なり
  • 毒死列島身悶えしつつ 追悼石牟礼道子
  • 綾蝶の記
  • 石牟礼道子 さよなら、不知火海の言魂 追悼
  • 常世の花 石牟礼道子
  • 魂の秘境から
  • 西南役伝説
  • 反復のレトリック 梨木香歩と石牟礼道子と
  • 花びら供養
  • 完本春の城
  • 評伝石牟礼道子 渚に立つひと
  • 無常の使い
  • 水俣の海辺に「いのちの森」を
  • 海援隊/ゴールデン☆ベスト

作家。 1927年(昭和2年)3月11日、生まれ。2018年(平成30年)2月10日、死去。 熊本県天草郡生まれ。谷川雁らの「サークル村」結成に参加。 1969年(昭和44年)、講談社から、水俣病を世に知らしめた作品『苦海浄土』(講談社文庫に収録)を処女出版。 1970年(昭和45年)第1回大宅壮一賞受賞辞退。「自主交渉」などの行動と表現で、水俣病問題に精力的に関わる。 1973年(昭和48年)、マグサイサイ賞を受賞。 1993年(平成5年)、『十六夜橋』で紫式部文学賞を受賞。 2002年(平成14年)、朝日賞受賞。 2003年(平成15年)、『はにかみの国 石牟礼道子全詩集』(石風社)で芸術選奨文部科学大臣賞受賞。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 関連
  • 水俣病
  • 短歌
  • ノンフィクション
  • 代用
  • 作家
  • 備考
  • 出典
  • 受賞歴
  • 大宅壮一
  • 天草市
  • 天草郡
  • 教員
  • 文学
  • 文明
  • 新人
  • 河浦町
  • 熊本県
  • 著書
  • 谷川雁
  • サークル
  • 中心
  • 主婦
  • 五十
  • 代表作
  • 作品
  • 入選
  • 出身
  • 卒業
  • 参加
  • 受賞
  • 学校
  • 実務
  • 水俣
  • 活動
  • 浄土
  • 絶賛
  • 苦海
  • 詩歌
  • 辞退
  • 週刊
  • 金曜日
  • 鎮魂
  • 開始